お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

テトラクロマット 花の下にて

公演期間

2014年12月11日 (木) 〜2014年12月14日 (日)

会場

東京芸術劇場シアターウエスト

取扱チケット

全席指定(一般):4,800円
座席引換券(U-22):3,300円(22歳以下/当日指定・要身分証書確認)(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について

手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 テトラクロマット第2弾は、時代劇。
殺陣ではなく、居合道とコラボした、静かな人斬りシーン。
白と黒、光と影、人の二面性を描いたテトクロ流の時代劇を、堪能してください。

願わくば 花の下にて    

その昔、西行法師は高野の山に籠った折、あまりの人寂しさに耐えかねて、荒野に野晒しになっている骨を集め、反魂の秘法を用い、人をつくった。しかし、それらは人の姿はしていても心を持たず、ただ虚ろな木偶人形のごとき化け物にすぎなかったという。
(『撰集抄』巻五第十五<作人形事・於高野山>より)

それから一千年余りの時が過ぎ、ペリーが浦賀に来航してさらに数年、時代が大きく動こうとするその前夜、夜ごと街を駆け巡るのは奇妙な人斬りの噂……。

 聞いたか? 例の人斬りには殺気がねえんだと。だからみんなあっさり斬られちまう。
 殺気がねえなら、人じゃあねえ。人じゃあねえなら、心がねえ。
 心がねえなら、そいつは木偶だ。木偶の人斬りバケモノだ。

その噂に食らいついたのはナナシと呼ばれるインチキ瓦版屋。このナナシ、人斬りバケモノを捕えようと企むも、口は達者だが腕はからっきし、あっさり返り討ちに遭ってしまう。間一髪、ナナシを助けたのは、ワカというひねもす千羽鶴を折る一風変わった浪人者だった。二人は、何かにたぐり寄せられるように、吉原でも『抱かれずの連鶴』と名高い花魁と出会う。連鶴はなぜかワカの右腕に執着をみせる。

ワカに仕えるジイという老侍、人斬りバケモノの物語を流布するお勝、多摩の田舎者・カツとトシ。善意のかたまりのような長屋の人々。そして遊郭に売られてきた狐面の少女・オバケ……。
様々な人々の想いが交錯する中、人斬りバケモノは文字通り心を持たぬ木偶となって、物語と共に暴走し始める―――。

    春死なむ その如月の望月の頃         西行
公演ホームページ http://tetrachromat.net/
出演 山口翔悟平田薫洲矢新吾新谷あやか我妻桃実笠井晴子佐藤良洋エムコガケースケなすび宮本大誠
スタッフ 脚本: 坂口理子 / 演出: 福島敏朗 / 居合指導: 無外流明思派吹毛会
公演スケジュール <期間>
2014年12月11日 (木) 〜2014年12月14日 (日)

<公演日・開演時間>
12月11日(木) 19:00
12月12日(金) 19:00
12月13日(土) 13:00 / 17:00
12月14日(日) 13:00 / 17:00
チケット 全席指定(一般):4,800円
座席引換券(U-22):3,300円(22歳以下/当日指定・要身分証書確認)
当日: 5,000円(税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(一般):4,800円
座席引換券(U-22):3,300円(22歳以下/当日指定・要身分証書確認)(税込)
会場 東京芸術劇場シアターウエスト
備考 カンフェティ冊子掲載中のお得なチケットはコチラ!
団体概要 テトラクロマットとは、三色型色覚より100倍繊細な色を感じる四色型色覚。
脚本家・坂口理子、演出家・福島敏朗、俳優・源+1(ゲストスタッフ)が、舞台としての新たな表現を模索しながら、今までにない繊細な感覚の演劇を目指すユニット。

関連サービス


ページトップへ