お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードでリゾートを満喫♪宿泊補助券1万円分×5名様をプレゼント!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


進戯団夢命クラシックス 君の瞳には悠限のファクティス

公演期間

2015年12月2日 (水) 〜2015年12月6日 (日)

会場

新宿村LIVE

取扱チケット

全席指定(前売):4,500円(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 聖歴2015年、1月11日
帝都S区に、突如巨大な隕石が落下し、直径約1km、深さ約100mの巨大なクレーターを作った。
後に、1.11の悪夢と呼ばれるこの出来事は、戦後最大の超災害となる。
それだけの天災でありながらも、旧S区民の生存率は約60%という奇跡の数字を出し、政府は他国からの支援により、帝都の機能回復と旧S区の復旧を10年かけて行う。
しかし、旧S区は今もなお、政府の特別監視区域として隔離され続けている。
その背景には、隕石落下で生き残った旧S区民のごく一部の中から
「ファクト」
という異能力を発症する人間が確認されたことが挙げられる。
「ファクト」とは、人間が持つ心的複合体(コンプレックス)や、決して叶わない望みに対する欲求、鬱屈した精神、それらが何らかの影響(※恐らくは先の災害)で膨張し、それによる自己の崩壊を防ぐ為、
「人類を次なるステージへと昇格」させる能力とされている。
そして能力者を「ファクター」
と称し、瞬く間に人々の恐怖の対象となった…。(非営利フリー百科事典:Kimipediaより一部抜粋)

復旧を続ける旧S区、そこに住まう人々、ファクター、災害の恐怖からの離脱、変わりゆく政府、様々なモノが水面下で錯綜する中、旧S区裏陽(ウラハル)にて、ひっそりと探偵事務所を営む二人のファクターがいた。

リンゴ(紅葉美緒)とベリィ(丸山直之)

ファクター絡みの仕事を、法の外から解決する、彼らに待ち受ける運命とは…。


ーーーーーーーーーーーー
昨年12月に上演し、好評だった「君の手には夢幻のファクター」の続編。
新キャラクター、新キャストを迎え、1年ぶりの上演です。
公演ホームページ http://shingidan.web.fc2.com/
出演 紅葉美緒丸山直之楠田敏之鵜飼主水(ASSH) / 波多野和俊 / 菊地創(bpm) / 福地慎太郎中島大地林田寛之 / 佐藤歩 / 柳瀬晴日朝比奈里奈儀間裕士織田俊輝秋元美咲 / smc crew: 芹澤良舞原鈴かおりかりん伊藤マサミ / smc BRAVE: 山田せいら黒崎明音窪田ゆうり小夜矢澤梨央、他
スタッフ 脚本・演出: 伊藤マサミ / 演出助手: 高島大輝 / 舞台監督: 森貴裕(M.T.Lab) / 音響: 志水れいこ古川直幸 / 効果音: 内野智子 / 照明: 島田雄峰(LST) / 美術: 宮坂貴司 / 衣裳: 小泉美都伊予えーか斉藤恵理 / 小道具補佐: 儀間裕士 / 映像: 常光博武 / 殺陣: PUMP×EARTH / 音楽: 今泉翔  / 撮影・デザイン: 圓岡淳 / ヘアメイク: 茂木美緒青山亜耶 / 映像撮影: 峰一郎 / 制作: 小野智美 / 企画・製作: Office smc
公演スケジュール <期間>
2015年12月2日 (水) 〜2015年12月6日 (日)

<公演日・開演時間>
2015年12月
12月
2日(水)18:30
3日(木)13:00★/18:30
4日(金)13:00★/18:30
5日(土)13:00/18:30
6日(日)12:00/16:00
(全9公演)

※受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。
※未就学児の入場不可
※★はアフターイベント開催予定です。
※4日(金)はDVD撮影が入ります。

※上演時間 約120分を予定
チケット 前売:4,500円
当日:5,000円(税込)
<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(前売):4,500円(税込)
会場 新宿村LIVE
備考
団体概要 代表の伊藤正巳が2004 年に東放学園の同級生を集い結成。
メンバーそれぞれが、アクションクラブや剣友会等、エンターテインメント性の強いフィールドで表現を学ぶ。
結成後も個人として歌舞伎や商業演劇、映像、PV、イベント等で活躍し、その分野は出演、演出、振付・
講師(アクション・ダンス)等多方面にわたる。
公演は都内の小劇場を中心に上演しており、コンセプトとしているのは【大人から子供まで楽しめる
エンターテイメント作品】である。音楽と照明に、モーションやアクションを融合させた表現で、舞台
ならではのLIVE 感を強く演出し、生の表現をより強く体感してもらう「SOUND PLAY」「SOUND ACTION」
を特色としている。
そのほか、都内にて週一度(月曜日)のアクションワークショップを開催し、【アクションによる表現
の教養】を題材に、熱のこもった指導を行っている。

関連情報

関連サービス


ページトップへ