お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


エイチエムピー・シアターカンパニー エイチエムピー・シアターカンパニー エクスペリメンタル・パフォーマンス 『静止する身体』

公演期間

2016年3月11日 (金) 〜2016年3月13日 (日)

会場

アトリエ劇研

取扱チケット

事前入金(一般):2,000円
事前入金(U-25(25歳以下)):1,500円
事前入金(高校生以下):500円(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 「3.11」後の経験から生まれた演技法「静止する身体」の最新作

2011年3月11日午後2時46分、大阪は静かに揺れた。わたしは地震の直後に米を10合炊いた。おにぎりを作って故郷の宮城県に持って行くつもりだった。しかし、交通機関がストップしていたため、大阪で家族からの連絡を待っていた。待つ間、わたしの身体は極度の緊張に襲われた。その緊張感を表現する過程で生まれた演技が「静止する身体」だった。「静止する身体」は日常的な動作を複数のポーズの連続と捉えて分解し、最も象徴的なポーズをひとつ選び、その選んだポーズを表現したまま、身体を全く動かさず、言葉や息など、音も一切発しないという演技方法である。未来でも過去でもない、持続する現在の物語が「静止する身体」から聴こえてくる。
公演ホームページ http://www.hmp-theater.com/
出演 石田達拡岩田奈々ガトータケヒロ楠 海緒立川潤中村彩乃畑中華香髭だるマンピンク地底人2号藤田和広峰桜花山下みさお由良真介
スタッフ 構成・演出: 笠井友仁 / 映像・照明: サカイヒロト / 音楽・音響: 吉岡一造 / 舞台監督: 濱田真輝(GEKKEN staffroom) / 宣伝美術: BOKU / 制作: 前田瑠佳 / 協力: kitt劇的細胞分裂爆発人間和田謙二ピンク地底人悪い芝居笑の内閣 / 共催: アトリエ劇研 / 企画・製作・主催: 一般社団法人HMP
公演スケジュール <期間>
2016年3月11日 (金) 〜2016年3月13日 (日)

<公演日・開演時間>
2016年3月
11日(金)19:45
12日(土)14:00/17:00
13日(日)11:00/15:00/18:30
※受付・開場は開演時間の20分前

※上演時間 約70分
チケット 前売: 一般 事前入金 2,000円 
   U-25(25歳以下)事前入金 1,500円
   高校生以下 500円
当日: 一般 3,000円
    U-25 2,500円
    高校生以下 500円
その他: 一般予約 2,700円
     U-25予約 2,200円(税込)
<カンフェティ取扱チケット>
事前入金(一般):2,000円
事前入金(U-25(25歳以下)):1,500円
事前入金(高校生以下):500円(税込)
会場 アトリエ劇研
備考
団体概要 アートディレクターを務める笠井友仁を中心に1999年に研究会を発足、2001年に劇団として活動を始める。当初は「hmp」という劇団名で活動し、ハイナー・ミュラーの作品を中心に舞台作品を発表。2008年に現在名に変更する。現在は『「再」発見』を劇団のミッションとして、忘れられていたことを掘り起こすこと、見過ごされてきたことに焦点を当てることを軸に、主に1.同時代の海外戯曲シリーズ、2.現代日本演劇のルーツシリーズ、3.実験的なオリジナル作品の3つのカテゴリで創作を行う。表現スタイルの特徴として、1.セリフによる説明を出来る限り省き、俳優の身体性をフルに活用し、観客の想像力を刺激する演出、2.舞台美術や照明を用いて、現代美術のような舞台空間を演出、3.テクストをより忠実に、シンプルに、そしてスマートに再現し、作品の普遍性を広げる演出の3つがある。
演出の笠井友仁が日本演出家協会主催<若手演出家コンクール>にて優秀賞や『アラビアの夜』の演出にて平成26年度文化庁芸術祭賞新人賞を受賞している。

関連情報

関連サービス


ページトップへ