お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

割引公演チケット販売店舗 Tickets Today[チケッツトゥデイ]

メインチラシ画像

新歌舞伎座 ベートーヴェン「第九」 in新歌舞伎座

指揮:ヴァハン・マルディロシアン

公演期間

2016年12月24日 (土)

会場

新歌舞伎座

取扱チケット

S席(1・2階):6,000円
A席(3階):4,000円
(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について

手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 ◆プログラム
ベートーヴェン:劇音楽「エグモント」作品84序曲
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」

ヴァハン・マルディロシアン(指揮者) Vahan Mardirossian , Conductor
アルメニアのエレヴァンに生まれる。1993年にパリ音楽院に入学しジャック・ルヴィエに学ぶ。ピアノと室内楽で優秀な成績を修めて首席で卒業し、ほどなくフランスを始めヨーロッパ各国、アメリカ、カナダ、ロシア、日本をはじめアジア各国でリサイタル活動を行うようになる。また、室内楽の演奏にも熱心に取り組んでおり、イヴリー・ギトリス、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ルノー&ゴルティエのカプソン兄弟、ハンナ・チャン等世界的に活躍する演奏家と共演を重ねてきた。特にギトリスには「最高のパートナー」と認められて世界各国のリサイタルで共演を行っている。加えて、フランス国立管弦楽団、アルメニア・フィルを始め各国のオーケストラに定期的に客演し、いずれも成功を収めている。
現代音楽にも造詣が深く、特に作曲家エリック・タンギーより彼のピアノ・ソナタ第2番の献呈を受けた。2001年のパリでの初演に際してル・モンド紙が「驚くべきピアニスト!」の見出しで半ページを割いてマルディロシアンを称賛した。2006年にニューヨークの指揮者セミナーに招かれクルト・マズアに学んで以来、指揮者としても非凡な才能を発揮。フランス国立管弦楽団等に客演を果たし好評を得た。以降、定期的にアルメニア交響楽団、プラハ・フィルハーモニー管弦楽団、アマルガム・オーケストラ(ストラスブールフィル、南西ドイツ響、バーデンバーデン響、フライブルク響の選抜メンバーによるオーケストラ)、チェコ・チェンバー・ソロイスツ、レバノンフィルハーモニー管弦楽団、フランス国内、ドゥエー、カンヌ、トゥールーズのオペラ劇場のオーケストラ、ノボシビルスクの室内管弦楽団、などへの出演がある。2010年よりフランスのカーン管弦楽団の首席指揮者を務めている。ピアノと指揮を両方務める「弾きぶり」も得意とし、首席指揮者を務めるカーンのオーケストラとの共演による、グリーグのピアノコンチェルトは、話題となった。モーツァルトやベートーヴェンはもちろんのこと、近現代ではショスタコービッチの協奏曲までレパートリーとしている。2014年には東京フィルハーモニー交響楽団に客演し、日本のオーケストラにデビュー。2015年には東京・春・音楽祭ならびに日本フィルハーモニー交響楽団、NHK交響楽団への客演が予定されている。

認定NPO法人 関西フィルハーモニー管弦楽団 Kansai Philharmonic Orchestra
1970年ヴィエール室内合奏団として発足。後にヴィエール・フィルハーモニックと改称、海外演奏旅行を含め12年間にわたるオーケストラ活動を基盤に、1982年1月関西フィルハーモニー管弦楽団として新発足。1994年より常任指揮者に国際的に活躍するウリ・マイヤーが就任し、平成6年度大阪文化祭賞本賞を受賞した。2003年10月より特定非営利活動法人、2014年11月より認定NPO法人として生まれ変わり、関西を代表するオーケストラの一つとして文化・社会への貢献を目指して積極的に活動を続けている。
世界的ヴァイオリニストでもあるオーギュスタン・デュメイは2008年より首席客演指揮者を務め、2011年1月より楽団史上初の音楽監督に就任。藤岡幸夫は2000年より正指揮者を務め、2007年4月より首席指揮者に就任。飯守泰次郎は2001年より常任指揮者を務め、2011年1月より桂冠名誉指揮者に就任。
作品の古典美を最上に引き出すデュメイとの演奏は、弾き振りも含めて内外から大きな注目を集めている。藤岡は、「Meet the Classic」や地方公演においてクラシック音楽ファンの裾野を広げるとともに、定期演奏会においても斬新な企画で注目を博し、古典派から現代作品の初演まで幅広く取り組んでいる。飯守は、ドイツ音楽の真髄を響かせるベートーヴェン・ブラームスのシリーズや、オーケストラを主体にした新しいアプローチによる「オペラ演奏会形式上演シリーズ」などで、古典からロマン派を中心に精神性溢れる質の高い演奏で好評を博している。
人間の営みから生まれた音楽・・・『ヒューマニズム』をテーマに、聴衆の心に感動と勇気を伝えるべく活動を展開するとともに、地域密着を重視。地元練習場での「コミュニティーコンサート」などで聴衆との交流を図り、関西出身の若手アーティストも積極的に起用している。活動に明確なビジョンを持ち、常に新たなことに挑戦する個性派オーケストラとしてますます好評を博している。2014年10月よりスタートしたBSジャパンの音楽番組「エンター・ザ・ミュージック」(毎週火曜夜11時/4月からは毎週月曜夜11時)に藤岡幸夫と共に出演中。2015年5月から6月にかけては、スイス・ドイツ・イタリアの3カ国5都市を巡る楽団初のヨーロッパツアー(合計5公演)を開催し、各地で大きな注目を集めた。
公演ホームページ http://www.shinkabukiza.co.jp/perf_info/s20161224.html
出演 指揮: ヴァハン・マルディロシアン / 管弦楽: 関西フィルハーモニー管弦楽団 / ソプラノ: 日紫喜恵美 / アルト: 田中友輝子 / テノール: 松原友 / バリトン: 大谷圭介 / 合唱: 大阪アカデミー合唱団、ほか
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2016年12月24日 (土)

<公演日・開演時間>
12月24日(土) 15:00
※開場は、開演の30分前です。
チケット S席(1・2階):6,000円
A席(3階):4,000円
特別席(2階最前列):8,000円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
S席(1・2階):6,000円
A席(3階):4,000円
(全席指定・税込)
会場 新歌舞伎座
備考 ※開演しますと楽章終了までご入場できません。なお演奏中の入退場はお控え下さい。
※未就学児のご入場はお断りいたします。
団体概要

関連サービス


ページトップへ