お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


エイミーカワウチ/松山朋未 個展音楽会事務局 エイミー・カワウチ / 松山 朋未 個展音楽会 『 日本の風景は美しい。ゆえに、日本の歌は美しい。』

公演期間

2017年1月28日 (土)

会場

京都コンサートホール 小ホール

取扱チケット

全席自由(前売):4,000円
1,000円割引!4,000円 → カンフェティ席3,000円!(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 日本の歌には、偉大な『知恵』が隠されている。

古き良き、美しい日本の歌の中に存在する 『本当の意味』を理解し、 『秘められた力』に気づく時、より良い未来に向かって方向転換するならば、 きっと、奇跡のような未来を生きるだろう。

There is a great hidden “advice” behind the traditional Japanese old songs.
When each of us understand the “actual meanings” and the “hidden secret power” of our cultural beautiful songs and take the first step for the better future, we certainly
will live in a miracle.

演者であり、作(訳)詞家のエイミー・カワウチは、古き良き 日本の歌を「自分の心が感じる日本の風景」に合わせて編曲し 英語と日本語で歌う。
Amy Kawauchi, an actress and a lyricist, sings traditional Japanese old songs in English and Japanese arranged by based on the Japanese scenery which she feels
with her own heart.

「日本の歌」を歌う時に思い浮かべる「日本の風景」は、必ずしも国内にあるものではない、との事だが、それでも日本の心を感じられ、日本の魂があるように感じるのは何故なのか。
Not all of the Japanese sceneries are in Japan when she imagines and sings the
traditional songs, however, we can still feel the Japanese mind as if the soul is just
right besides us.


美術作家であり、グラフィックデザイナーの松山朋未は、その楽曲を聞き「自分の心で感じたその曲の風景」を、絹糸を使い刺繍で表現する。
Tomomi Matsuyama, an artist and a graphic designer, listens songs arranged by
Amy, describes the songs’ sceneries which she felt with her own heart by her hand
embroidery with Silk thread.

音楽の世界と美術の世界が合わさって、新たに生み出される 「心で感じた美しい風景」は、未来の日本の姿なのかもしれない。
By combining music and art, the newly created beautiful sceneries seen by feeling with their own hearts could be how Japan looks like in the future.
公演ホームページ http://japaneseartsongs.net/
出演 シンガー: エイミー・カワウチ / 美術作家: 松山朋未
スタッフ 制作: 荒川智香子 / 制作補: 河内飛鳥 / 他
公演スケジュール <公演日>
2017年1月28日 (土)

<公演日・開演時間>
1月28日((土))13:30
13:00(open)/13:30(start)
※上演時間 約1時間半
チケット 前売:4,000円/Advance 4000yen
当日:4,500円/On the Day 4500yen
その他:小学生以下のお子様 1,000円/Under 6th grade children/ 1000yen(税込)

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席自由(前売):4,000円
1,000円割引!4,000円 → カンフェティ席3,000円!(税込)
会場 京都コンサートホール 小ホール
備考
団体概要 Amy Kawauchi シンガー・ダンサー・女優・クリエイター・作詞家・訳詞家・ファッションブランド
http://amykawauchi.com/

Amy Kawauchi : Singer, Dancer, Actress, Creater, Lyricist and Fashion brand owner
http://amykawauchi.com/

幼少の頃から、ミュージカルを中心とした舞台芸術に魅せられ、 国 内 外 で 「 ア ニ ー 」「 サ ウ ン ド オ ブ ミ ュ ー ジ ッ ク 」「 ジ ジ 」 「蜘蛛女のキス」「ハロー、ドリー!」等、有名ブロードウェイミュー ジカルに出演した経 験を持つ。
日本では「全国植樹祭」などの皇室 来賓イベントでのアトラクションで使う楽曲、プロバスケットボールチーム「東京エクセレンス」の公式チームソング 等、歌やナレーションで数々のレコーディングに参加。

She was fascinated by the performing arts since she was a child. Not only in Japan but in different countries, she had been performing on those famous Broadway
musicals such as:「Annie」「Sound of music」「Gigi」「Kiss of the Spider Woman」and「Hello, Dolly!」.
In Japan, she provides a music for the Imperial family guests’ events such as Nationwide tree-planting ceremony, an official team song for “ Tokyo Excellence”, a
professional basketball team and also participates various kinds of programs and recordings as a singer and a narrator.

作詞家としては、(株)音楽之友社、(株)教育芸術社より、小中学生 のための合唱曲の出版を重ねている他、「古き良き日本の歌」に魅 せられ、「日本の歌を世界中の子ども達に歌ってもらいたい!」と、 英語に訳す活動をライフワークとして続けている。

As a lyricist, she publishes chorus music for primary and middle school students sponsored by Ongaku no Tomo Sha corp. and Kyouiku Geijutsu Sha Co., Ltd. And
also she was impressed by “The great traditional Japanese songs” and hopes that all the children in the world to sing Japanese songs and has been working for
arranging and translating into English as her lifework.

松山朋未 美術作家・グラフィックデザイナー
http://tomomimatsuyama.sub.jp/

Tomomi Matsuyama ; Artist, Graphic designer
http://tomomimatsuyama.sub.jp/

刺繍を主な表現方法とする美術作家。

自身の企画による個展の他に、 パルコや日本橋三越などの百貨店での企画展や、地方自治体の企画 によるアートイベント等に参加。BNN 新社より出版されている書籍 「STITCH SHOW」に、作品・インタビュー記事が掲載されている。
Tomomi Matsuyama is an embroidery artist. She holds exhibitions by her own projects and joins special exhibitions at PARCO, one of the populest shopping malls,
and Nihonbashi Mitsukoshi, one of the major department stores in Japan, and also
participates art events organized by Local government. She is appeared in “STITCH SHOW” a magazine published by BNN inc. with her artwork.

どんな状況下でも変わることのない「母から子への無償の愛」や 「自然への感謝」といった想いをモチーフとした作品を制作し、こ れからの世代にもその想いが繋がってゆくことを祈り、様々な地 域でインスタレーション形式で発表することをライフワークとし ている他、近年、自分の心の目を通して見えるその人自身を題材 に日本画の手法を活かしたグラフィック作品なども発表している。

Her artwork is themed by “Eternal love from Mother to child” and “ Appreciation for the great nature” which they would never been changed in any occasion.
She wishes those to continue forever by the next coming generations and holds Installation art
exhibitions as her lifework at various area and cities. In recent years, she also produces graphic works which making the best use of Japanese paintings subjected by the people themsleves who she could see in her mind eyes.

関連サービス


ページトップへ