お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


Theatre Company カクシンハン カクシンハン第10回公演 マクベス

公演期間

2017年1月26日 (木) 〜2017年1月29日 (日)

会場

東京芸術劇場 シアターウエスト

取扱チケット

前売:指定席5,000円
その他:
◎先行 4,500円(11/21-12/5) ※良席限定
◎U22 4,200円 ※各回15席限定
◎公開ゲネ 3,600円(税込)

  • 追加販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

男性ブランコ Solo Live Swing#1「笑う蛍」のチラシ画像

男性ブランコ Solo Live Swing#1「笑う蛍」

2017年11月19日 (日)

神保町花月(東京都)

柳家花緑独演会のチラシ画像

柳家花緑独演会

2017年11月1日 (水)

熊本市国際交流会館

シングルマザーズのチラシ画像

シングルマザーズ

2017年12月15日 (金) 〜2017年12月17日 (日)

アートスペースサンライズホール

〜東西大看板〜 柳家権太楼・桂 南光のチラシ画像

〜東西大看板〜 柳家権太楼・桂 南光

2017年11月11日 (土)

かめありリリオホール

咲之輔らくご研鑽会のチラシ画像

咲之輔らくご研鑽会

2017年10月26日 (木)

トリイホール(TORII HALL)


公演情報詳細・注意事項

公演内容 満を持しての今回の演目は『マクベス』。
フィジカルな現象としての「マクベス」と、シェイクスピアが生み出した「マクベス」と、そのクラッシュから生まれるもう一つの「マクベス」を大胆な解釈と斬新な表現のカクシンハン版でお送りいたします!
公演ホームページ http://kakushinhan.org/
出演 河内大和真以美穂高岩崎MARK雄大阿久津紘平大津留彬弘のぐち和美(特別出演)(以上、カクシンハン) / 東谷英人(DULL-COLORED POP) / 阿部博明(東京新社) / 上田一成石田将士(渋谷ハチ公前) / 大対源(渋谷ハチ公前) / 小黒雄太(5454) / 小田伸泰(俳優座) / 葛たか喜代 / 加藤慎吾(ポップンマッシュルームチキン野郎) / 川崎誠一郎(サイアン) / 慈五郎(THE JACABAL'S) / 白倉裕二鈴木彰紀(さいたまネクスト・シアター) / 鈴木真之介(PAPALUWA) / 鈴木智久(スタジオライフ) / 塚越健一(DULL-COLORED POP) / 柘植ノゾム(東京ジャンクZ) / 山口祥平(碗プロダクション) / ※五十音順
スタッフ 演出: 木村龍之介 / 作: シェイクスピア / 翻訳: 松岡和子 / 舞台監督: 白石祐一郎(ステージワーク URAK) / 舞台美術: 乘峯雅寛(文学座) / 照明: 中山奈美(文学座) / 音響: 丸田裕也(文学座) / 衣装デザイン: 乘峯雅寛(文学座) / 映像: 松澤延拓 / 映像助手: 大竹正悟 / 衣装: 小倉真樹 / 宣伝デザイン: 竹内康人(VENUE Inc.) / 宣伝写真: 井筒千恵子 / 宣伝ヘアメイク: 小嶋克佳 / 演出助手: 阿久津紘平大津留彬弘 / 文献考察: Naoki / 制作助手: 井上哲 / 制作アシスタント: 田村真帆 / 殺陣指導: 白倉裕二 / 制作: Real Heavenカクシンハン / 制作協力: カンフェティ / 主催: 株式会社トゥービー
公演スケジュール <期間>
2017年1月26日 (木) 〜2017年1月29日 (日)

<公演日・開演時間>
2017年1月【全7ステージ+公開ゲネプロ】
26日(木)公開ゲネ14:00〜 19:00〜
27日(金)14:00〜 19:00〜
28日(土)13:00〜 18:00〜
29日(日)12:30〜 17:00〜
※上演時間 約120分
チケット 前売:指定席5,000円
当日:指定席5,500円
その他:
◎先行 4,500円(11/21-12/5) ※良席限定
◎U22 4,200円 ※各回15席限定
◎公開ゲネ 3,600円(税込)
<カンフェティ取扱チケット>
前売:指定席5,000円
その他:
◎先行 4,500円(11/21-12/5) ※良席限定
◎U22 4,200円 ※各回15席限定
◎公開ゲネ 3,600円(税込)
会場 東京芸術劇場 シアターウエスト
備考
団体概要 木村龍之介が主宰する演劇集団。
若い鮮烈な感性で、現代のエンターテイメントとしてシェイクスピアの戯曲を連続上演し、『「破天荒で」「新しく」「面白い」シェイクスピア作品』を創作する集団として注目を集めている。2016年度シアター風姿花伝プロミシングカンパニー。5月に上演した初の1ヶ月ロングラン公演 『カクシンハン版 リチャード三世』+『KAKUSHINHAN POCKET HISTORY ヘンリー六世 三部作』では総動員数2700名を突破。The Japan Timesの特集記事、『中央公論』、シェイクスピア学会誌で取り上げられるなど、各種メディアからも注目を集める。

関連情報

関連サービス


ページトップへ