お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


Zu々プロデュース公演 第二弾 Ye -夜-

脚本・演出:ほさかよう(空想組曲)

公演期間

2017年4月5日 (水) 〜2017年4月9日 (日)

会場

東京芸術劇場 シアターウエスト

取扱チケット

一般前売:7,800円
(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


完売しました

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 2月18日(土)10:00〜 一般発売開始!

New! 北村諒&松村龍之介【夜】対談記事をアップしました。
「想像の上をいく、驚きの変化を見せる」
北村諒と松村龍之介が挑む、濃密な舞台。

インタビューページはこちら!


New! 北村諒単独インタビュー掲載!
北村諒が出会うべくして出会った作品に全身で挑む。
見た人の心に響く何かを届けたい。


『Yè -夜-』北村諒

 中国の若手監督、周豪の同名映画(2014年)の初舞台化となる『Yè -夜-』で男娼・水仙(スイシェン)を演じる北村諒。『おそ松さん on STAGE〜SIX MEN’S SHOW TIME〜』、『青の祓魔師 京都紅蓮篇』など、いわゆる2.5次元舞台出演が続いている北村にとって、本作は新たなジャンルへの挑戦。出演の打診に、すぐさま「やります」と答えたという。脚本・演出を担当するほさかよう(空想組曲)のもと、どんな変身を見せられるのか自身のなかでの期待は高まっている。

「映画を見たとき、舞台ではどんな展開になるんだろうって怖さも正直あったけど、それ以上に2.5次元以外の作品であるこの作品を通して、自分がどれだけのことができるのか、どれだけ観客に見せつけられるのかチャレンジした先にある好奇心のほうが上回っていたんです。いまは稽古が始まるのが待ち遠しいです」

 中国の地方都市の夜の路地裏で男娼と客として出会い、夜の深い世界に溺れていく水仙と夜来香(イエライシャン/松村龍之介)に、娼婦の薔薇(チアンウェイ/平田裕香)、客の刺(ツァ/谷口賢志)が絡み合っていく。ほさかが映画の世界観をどう脚本に落とし込み、舞台を作るのか楽しみにしていると北村。ほさか演出作に出演することも念願だったそう。

「ほさかさん脚本の舞台には出演させていただいたことがあるので、ほさかさんに演出も受けてみたいと思っていたんです。だからほさかさんが脚本・演出ということは出演を決めた理由のひとつにあります。夜来香役ののすけ(松村)が前にほさかさんの演出を受けたときの話をしてくれたんですね。俳優の気持ちも汲み取りながら一緒に考えて作り上げて行く方だと言っていました。この前、ほさかさんと初めて作品のことを話す機会があったんです。普段の会話から、僕たちが使わないような表現を使って話すので、“さすが作家さん”と少し圧倒されました(笑)が、もの作りに対してのストイックさも感じて、想像している以上に研ぎすまされた作品になるかもしれないなと感じましたね。もともとほさかさんがつくる世界観が好きだし、何も心配せずに、信頼してついて行こうと思っています」

 男娼、娼婦、客という非日常の登場人物たちの物語なのに、いつしか登場人物達の思いが観ている自分と重なっていく――。そんな映画版と同じような感覚を今回の舞台でも感じてほしいと北村。

「まだ稽古は始まっていないところで本番のことをいうのもなんですが(笑)、みなさんが想像しているものとはきっと違うものになっているんじゃないかと思います。もともと映画版の世界観も深いんですけど、さらにそれを舞台版で繊細に掘り下げていくつもり。本番の舞台を観に来る方たちのことを良い意味で驚かせたいし、なにか心に響くものがあるような作品にしたいですね」

 『Yè -夜-』は、北村自身にとって大きな意味のある作品になると、今から確信している。

「いままでやってきた役とは全く違うキャラクターの水仙を演じることで、そしてのすけや(谷口)賢志さん、平田さんたち共演者、演出のほさかさんと一緒にひとつの世界を作っていくことで、俳優としての視野が広げられると思います。この作品での経験は、僕の俳優としての大きな一歩になりそうです」

北村諒(きたむら・りょう)91年1月25日生まれ。東京都出身。舞台を中心に活躍するほか、前山田健一プロデュース「Unknown Number!!!」のメンバー、声優としても活動中。最近の舞台出演作に、『おそ松さん on STAGE〜SIX MEN’S SHOW TIME〜』、舞台『青の祓魔師 京都紅蓮篇』、『真・三國無双』。5月、舞台『NARUTO〜暁の調べ〜』出演予定。



////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「誰かと関わるため…  — 僕は、僕の《夜》を売る」

中国映画界期待の若き監督周豪の映画作品『Yè –夜–』を世界初の舞台化。

1985年に執筆されたカナダの戯曲を、『Being at home with Claude 〜クロードと一緒に〜』として30年後に本邦初上演したZu々プロデュースの第二弾。映画から舞台化される本作『Yè -夜-』では、中国のとある地方都市の「夜」の裏路地で錯綜する恋愛模様をスタイリッシュでエッジの効いた”今”として描く。

原作である中国映画『夜』(2014年)は、周豪:Zhou Hao監督が大学在学中に、脚本・監督・編集、主演を果たしたインディペンデント作品。なら国際映画祭では最高賞であるゴールデンSHIKA賞、中国独立映画祭:新人賞、ジュネーブ国際独立映画祭 批評家賞と多数の国際映画祭で高い評価を受けた注目作。

≪Story≫
中国の地方都市。その寂れた裏路地に毎夜のように一人立ち、出会う客に身体を与える事で日々の糧を得ている水仙(スイシェン)。いつものように過ごす《夜》だったはずが、一人の青年と一人の少女との出会いが、その《夜》を変えていく。ゲイの自分に後ろめたさを感じながら水仙と《夜》の深い世界に溺れていく青年・夜来香(イエライシャン)。娼婦として水仙と同じショバに立つことに決めた薔薇(チアンウェイ)。

その出会いから紡がれる“自分を否定し、誰ともつながれない若者たちが、それでも、つながりを求めて生きようとする中で自分を見つめ直していく”物語。自分の気持ちに素直になれない、恋に臆病な若者たちに訪れる結末は・・・

============================
★☆抽選先行★☆
受付期間:2月4日(土)10:00〜2月10日(金)23:59≪受付終了≫
結果発表:2月13日(月)≪結果メール送信済≫
・発券期間
 セブンイレブン決済:2月13日(月)当選結果通知後〜2月17日(金)23:59
 クレジットカード決済:2月17日(金)10:00〜公演日当日まで受取可能

■チケットに関するお問合せ
カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日10:00〜18:00)
公演ホームページ http://www.zuu24.com/ye-yoru/index.html
出演 水仙(スイシェン): 北村諒 / 夜来香(イエライシャン): 松村龍之介 / 薔薇(チアンウェイ): 平田裕香 / 刺(ツィー): 谷口賢志 / 客: 鈴木ハルニ、騎田悠暉(TOKYO流星群) / ほか
スタッフ 原作: 周豪(Zhou Hao)映画「夜」(2014年 制作:中国) / 脚本・演出: ほさかよう(空想組曲)
公演スケジュール <期間>
2017年4月5日 (水) 〜2017年4月9日 (日)

<公演日・開演時間>
04月05日(水) 19:30
04月06日(木) 19:30
04月07日(金) 14:00 / 19:30
04月08日(土) 13:30 / 18:00
04月09日(日) 13:30

※開場は開演の30分前となります。
※1幕 95分(予定)
チケット プレミアムチケット:9,800円
一般前売:7,800円
当日:8,300円
学生券:3,900円
(全席指定・税込)

「プレミアムチケット」は完売しております。

<カンフェティ取扱チケット>
一般前売:7,800円
(全席指定・税込)
会場 東京芸術劇場 シアターウエスト
備考 ※15歳未満入場不可
(映画のR-15と同程度のセクシュアルな表現があるため、15歳未満の入場をお断りします。)
団体概要

関連情報

関連サービス


ページトップへ