お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

劇団わらび座 奇想天外☆歌舞音曲劇(みゅーじかる) げんない

公演期間

2017年7月21日 (金)

会場

川口リリアホール メインホール

取扱チケット

S席:6,000円(全席指定・税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


販売終了しました

購入方法について手数料について



公演情報詳細・注意事項

公演内容 100年先、200年先のことを予感させる人が
今必要だと思う。−平賀源内のように!

<ものがたり>

時は江戸時代の中頃、場所は江戸両国の見世物小屋。  
高松・志度浦が生んだ稀代の天才・平賀源内は世界でも珍しい電気発生器エレキテルを完成させたものの、生み出す火花は何の役にも立たず、書生の吉次郎(後の司馬江漢)、弟子の絵師・小田野直武(秋田でスカウトしてきた)らとともに、エレキテルショウを始めて稼ぐことにした。  
かつて源内の語った夢に導かれて「解体新書」翻訳の偉業を成し遂げた蘭学者・杉田玄白は馬鹿げた見世物をやめるように説得するが、未だ見果てぬ夢を追う源内の耳には届かない。  
そんな見世物小屋に、吉原に売られた娘・お千世が逃げ込んでくる。吉次郎たちの自由奔放な生き様に触れ、やがて自分も夢を見始める。
だが時は江戸時代。庶民が夢見ることを許される時代ではなかった・・・。

平賀源内
現香川県さぬき市志度の生まれ。江戸中期の博物学者・作家・画家・陶芸家・発明家で、あらゆる分野に才能を発揮した。安永2年(1773年)には秋田藩の佐竹義敦に招かれて院内銀山、阿仁銀山などで産銅から銀絞りを指導したり、沼館山で亜鉛の精錬を試みる。また秋田藩士小田野直武や藩主佐竹曙山に蘭画の技法を伝える。

小田野直武
現秋田県仙北市角館町の生まれ。1773年、平賀源内が鉱山開発の指導のため秋田藩を訪れた際、直武に出会う。江戸で源内から西洋画の手ほどきを受け、『解体新書』の附図を描く。直武は司馬江漢などにも影響を与えたといわれる。
公演ホームページ http://www.warabi.jp/gennai/index.html
出演 平賀源内: 三重野葵小山雄大橋真里子戎本みろ内田勝之渡辺哲丸山有子瀧田和彦(扉座) / 小林すず斎藤大輔岡部雄馬(ストローハウス) / 窪寺杏山田愛子
スタッフ 作・作詞・演出: 横内謙介 / 作曲: 深沢桂子 / 振付: ラッキィ池田彩木エリ
公演スケジュール <公演日>
2017年7月21日 (金)

<公演日・開演時間>
07月21日(金) 18:30
チケット S席:6,000円
A席:4,000円
中学生以下・障害者:2,000円(S席・A席共通)
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
S席:6,000円(全席指定・税込)
会場 川口リリアホール メインホール
備考
団体概要

関連サービス


ページトップへ