お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』

公演期間

2017年11月20日 (月) 〜2017年12月5日 (火)

会場

TBS赤坂ACTシアター

取扱チケット

S席:13,000円
(全席指定・税込)

  • 先着先行

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


販売終了しました

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

新作二本立てロングラン公演 『崩れる』/『青いポスト』のチラシ画像

新作二本立てロングラン公演 『崩れる』/『青いポスト』

2017年11月4日 (土) 〜2017年12月3日 (日)

花まる学習会王子小劇場

水の中の塔 -東京スカイツリー異聞ーのチラシ画像

水の中の塔 -東京スカイツリー異聞ー

2017年11月21日 (火)

シアターχ

黒蜥蜴のチラシ画像

黒蜥蜴

2018年1月9日 (火) 〜2018年1月28日 (日)

日生劇場


公演情報詳細・注意事項

公演内容 昨秋大好評を博した、世界初のバージョン、待望の再演決定!
1997年に世界のヒットメーカー、フランク・ワイルドホーン作曲にてNYブロードウェイで初演されたミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』。

原作はイギリスのバロネス・オルツィの小説「The Scarlet Pimpernel」(「紅はこべ」)。このミュージカルは、脚本・作詞:ナン・ナイトン、音楽:フランク・ワイルドホーンによって創られました。日本では小池修一郎氏による演出で、宝塚歌劇団星組が2008年安蘭けい主演にて初演、たちまち大人気公演となり、2010年に月組、2017年に星組で再演。今でも宝塚歌劇の数ある作品の中で、常に人気の高い作品のひとつです。

本作はブロードウェイ版を基に2016年秋、主演・パーシー役に石丸幹二を迎え、ガブリエル・バリー(潤色・演出)によって世界初の新バージョンとして上演。フランク・ワイルドホーンが書き下ろした新曲「新たな時代は今」「ここから先は」は物語に新たな彩を添えました。

その評価は非常に高く、チケットが入手困難となるほど大好評を博し、多くの再演を望む声を受け、ついに今秋石丸幹二主演『スカーレット・ピンパーネル』が、再び帰ってきます!

初演に引き続き、主演・パーシー役を演じるのは、日本のミュージカル界を代表する俳優として舞台、テレビなど多くのメディアで大活躍中の石丸幹二。
ヒロイン・マルグリット役は2008年の宝塚歌劇団の初演では日本初のパーシー役を演じ、2016年石丸幹二主演版ではパーシーを力強く支える妻マルグリット役に挑戦した、世界で初の二役を演じた女優・安蘭けい。
敵役とも言うべき、フランス政府特命全権大使・ショーヴラン役は、2016年版同様石井一孝が演じます。

新たなるキャストたちと、演出には新進気鋭の石丸さち子が加わり、さらにバージョンアップした『スカーレット・ピンパーネル』になること間違いありません。

愛と情熱と勇気溢れる痛快冒険活劇をお見逃しなく!

ストーリー
「知恵で奴らを出し抜くのだ!」
恐怖政治の嵐吹き荒れるパリの街、権力に挑む 情熱と勇気!


1789年、王制に対する不満を爆発させた民衆が蜂起し、フランス革命が勃発。その後、ロベスピエールを指導者とするジャコバン党が権力を振りかざし、元貴族らが次々と処刑される恐怖政治が続いた。
嵐が吹き荒れる混乱の中、無実の人々を断頭台から救おうと立ち上がったのは、イギリス貴族のパーシー・ブレイクニー。
彼は仲間と共にピンパーネル団を結成し、知恵を絞った救出計画を秘密裏に敢行。その活躍ぶりは瞬く間に広まったが、女優を引退しパーシーの妻となったマルグリットでさえも正体を知らず、いつしか夫婦の間に大きな溝が生じていた。フランス政府特命全権大使のショーヴランは元恋人であるマルグリットに接近。ある取引をチラつかせながら心のうちを熱く、甘く語りかけ、ピンパーネル団の素性を暴こうと執念を燃やす。
愛を疑うパーシー、愛を信じたいと願うマルグリット、愛を利用するショーヴラン。恐怖政治の嵐の中で愛憎が交差し、物語はスリリングな展開をみせてゆく…。
公演ホームページ http://www.umegei.com/the-scarlet-pimpernel/index.html
出演 パーシー・ブレイクニー: 石丸幹二 / マルグリット・サン・ジュスト: 安蘭けい / ショーヴラン: 石井一孝 / ロベスピエール/ プリンス・オブ・ウェールズ(二役): 上原理生 / デュハースト: 泉見洋平 / アルマン・サンジュスト: 松下洸平 / オジー: 久保貫太郎 / ベン: 久保田秀敏 / エルトン: 多和田秀弥 / ハル: 東 啓介 / ファーレイ: 藤田 玲 / マリー・グロショルツ: 則松亜海 / 他
スタッフ 原作: バロネス・オルツィ / 脚本・作詞: ナン・ナイトン / 作曲: フランク・ワイルドホーン / 編曲: キム・シェーンベルグ / 訳詞・翻訳・潤色: 木内宏昌 / 潤色・演出: ガブリエル・バリー / 演出: 石丸さち子
公演スケジュール <期間>
2017年11月20日 (月) 〜2017年12月5日 (火)

<公演日・開演時間>
★取扱対象公演
11月20日(月) 18:30
11月21日(火) 13:30 / 18:30
11月22日(水) 13:30※
11月23日(木・祝) 12:30 / 17:30
11月25日(土) 12:30 / 17:30
11月26日(日) 12:30
11月27日(月) 13:30
11月28日(火) 13:30 / 18:30
12月01日(金) 13:30 / 18:30
12月02日(土) 17:30
12月04日(月) 13:30 / 18:30

※11/22(水)13:30公演は学校団体様のご利用がございます。
チケット S席:13,000円
A席:9,000円
(全席指定・税込)

<カンフェティ取扱チケット>
S席:13,000円
(全席指定・税込)
会場 TBS赤坂ACTシアター
備考 ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
※車椅子でご来場予定のお客様は、当日のスムーズなご案内のため、公演前日までに下記問合せ先までご連絡ください。

お問合せ:梅田芸術劇場  0570-077-039(10:00〜18:00)
団体概要

関連サービス


ページトップへ