お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

メインチラシ画像

チラシ画像サムネイル1

チラシ画像サムネイル2


オフィス3〇〇 オフィス3〇〇特別公演 『川を渡る夏』

作・監修:渡辺えり 演出:稲葉賀恵

公演期間

2017年9月15日 (金) 〜2017年9月24日 (日)

会場

すみだパークスタジオ倉

取扱チケット

20名限定!A席4,500円 → 3,800円 さらに200Pゲット!

  • 割引販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

海の凹凸のチラシ画像

海の凹凸

2017年9月20日 (水) 〜2017年10月1日 (日)

俳優座劇場

『川を渡る夏』のチラシ画像

『川を渡る夏』

2017年9月15日 (金) 〜2017年9月24日 (日)

すみだパークスタジオ倉

レスキュー有休!のチラシ画像

レスキュー有休!

2017年9月8日 (金) 〜2017年9月10日 (日)

ウッディシアター中目黒

あの樹の下でのチラシ画像

あの樹の下で

2017年8月24日 (木) 〜2017年8月27日 (日)

シアターグスタフ


公演情報詳細・注意事項

公演内容 オフィス3〇〇特別公演
「川を渡る夏」

演劇集団「円」に書き下ろした若き渡辺えりの傑作を文学座の俊英、稲葉賀恵が新演出で現代に甦らせる!

2017年9月15日(金)〜24日(日) すみだパークスタジオ倉

「青春の卵」 渡辺えり
劇団を旗揚げしてから自分の書いた作品を自分で演出し続けて40年。初めて自分の旧作を自分以外の演出家に演出していただきます。文学座の鵜山仁さんに「月に濡れた手」を演出していただいたことがありますが、その時は舞台芸術学院の記念公演が震災の日と重なり半分の公演が出来なくなったため、後に3○○の公演として上演した際、鵜山さんが快く引き受けて下さったからでした。
今回は出演する役者陣のどうしても上演したいという熱意から生まれた企画です。一九八六年に演劇集団「円」に書き下ろした作品ですが、今回文学座の稲葉賀恵さんの新演出で甦ります。三十年前の作品なのに震災を経た現代に重なる作品です。アニメの「君の名は」にも似ているな・・・と思ってしまいました。
切なく、苦しく、残酷で、なのに優しい、青春の卵のような戯曲です。

あらすじ
17歳の時から10年もの間眠り続けていた北林未知男は、ある日突然目を覚ました。27歳となった未知男は過去の記憶を取り戻すかのように通っていた高校へ向かうが、そこで未知男は死んだはずの伯父の小津達一郎と出会う。未知男は親友のハジメと共に、その小津に連れられ死者達が出会うという幻の街「オズの国」へと旅立つのだった。その幻想の街で未知男は小津の妻でもあり、母の妹でもある「風子」と出会う。母の隠されていた過去の秘密を知った未知男は、やがて10年前の夏に街を襲った川の氾濫のことを思い出すのだった・・・。

一般前売開始日・2017年7月25日(火)
チケットのお申込み・お問合せ/
(有)おふぃす3〇〇
TEL03-6804-4838 http://office300.co.jp/

会場/すみだパークスタジオ倉
〒130-0003東京都墨田区横川1-1-10
【アクセス方法】
〔JR総武線〕錦糸町駅(北口)より徒歩15分
〔都営浅草線〕本所吾妻橋駅(A2出口)より徒歩13分
〔都営浅草線・京成線〕押上駅(A2出口)より徒歩14分
〔半蔵門線・東武線〕押上駅(B2出口)より徒歩15分 ※半蔵門線・東武線からはA2出口には出られません。
〔東武伊勢崎線〕とうきょうスカイツリー駅より徒歩12分
※劇場の駐車場はございませんので、近隣のパーキングにご駐車ください。
公演ホームページ http://office300.co.jp/index.html
出演 若松武史サヘル・ローズ二瓶鮫一土屋良太吉田侑生岩戸秀年高畑こと美村松恭子小川絵莉牛水里美松原夏海相川春樹 / 松田祐里佳 / 川口龍岩崎浩太郎藤枝久純宮本翔太 / 早石実結 / 薮内明寺尾実里滑川龍太 / 他
スタッフ 作・監修: 渡辺えり / 演出: 稲葉賀恵 / 美術: 加藤ちか / 音楽: 坂本弘道 / 照明: 光田卓郎 / 音響: 星知輝 / 衣裳: 原田夏おる / 舞台監督: 玉城忠幸 / 演出助手: 岩崎浩太郎 / 宣伝美術: 十倉彩子 / 制作: 門井絵璃亘理智子 / 企画・製作: (有)おふぃす3〇〇
公演スケジュール <期間>
2017年9月15日 (金) 〜2017年9月24日 (日)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
9月16日(土)19:00(B)
9月17日(日)18:00(A)
9月18日(月・祝)18:00(B)
各4~8名 計20名
※開場は開演の30分前です。

Wキャストあります。
(A)咲子:松原夏海 北林信子:牛水里美
(B)咲子:牛水里美 北林信子:松原夏海
チケット 前売:料金/
◎A席(指定席)4,500円 
※開演5分前までにご着席ください。それを過ぎますと指定席は無効となります。
◎B席(自由席・劇団扱いのみ)3,000円
※ご予約順に予約番号をお取り置き致します
※開場時間までに受付にお越しください
※開演5分前までにご着席ください

当日:料金/
◎A席(指定席)4,500円
※開演5分前までにご着席ください。それを過ぎますと指定席は無効となります。
◎B席(自由席・劇団扱いのみ)3,000円
※ご予約順に予約番号をお取り置き致します
※開場時間までに受付にお越しください
※開演5分前までにご着席ください

(すべて税込)

<理由あってなっトク価格!チケット>
20名限定!A席4,500円 → 3,800円 さらに200Pゲット!
会場 すみだパークスタジオ倉
備考
団体概要 舞台芸術学院の仲間とともに劇団2○○結成。その後、劇団3○○に改名。
新人の養成をしながら、音楽、肉体表現を駆使しながら新しい舞台空間の創造を目指す。
1997年劇団3○○を解散。

2001年企画集団宇宙堂を旗揚げ。
更なる新しい表現を求めていろいろなジャンルのパフォーマーと共演する意欲作品を数々発表。
宇宙堂の活動を停止、オフィス3○○と改名して演劇だけにとらわれず、ライブやお茶会等も企画し観客との交流も場を設けて、次世代の演劇空間の創造を目指している。

受賞歴(渡辺えり個人の受賞歴含む)
1980年 『改訂版タ・イ・ム』 シアターグリーン賞受賞
1981年 『夢坂下って雨が降る−化生篇−』 シアターグリーン賞受賞
1983年 『ゲゲゲのげ』 第27回岸田戯曲賞受賞
1987年 『瞼の女−まだ見ぬ海からの手紙−』 第22回紀伊国屋演劇賞受賞
1991年 NHKドラマ「音・静かの海に眠れ」(脚本) プラハ国際テレビ祭グランプリ受賞
1994年 『忠臣蔵外伝四谷怪談』(監督:深作欣二) 日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞
1996年 『Shall We ダンス?』(監督:周防正之) 報知映画賞助演女優賞受賞
1997年 『Shall We ダンス?』(監督:周防正之) 日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞

関連情報

関連サービス


ページトップへ