お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

メインチラシ画像

青☆組 青☆組劇団化15周年記念公演第三弾 グランパと赤い塔

公演期間

2017年11月18日 (土) 〜2017年11月27日 (月)

会場

吉祥寺シアター

取扱チケット

全席指定(一般):4,000円
全席指定(学生割引):3,500円
●学生割引は、ご来場当日、学籍のわかるものをご提示ください。
(税込)

  • 一般販売

  • 座席選択可

  • なっトク価格

  • カンフェティ席

  • ボーナスポイント

  • 手数料0円


チケットを購入する

購入方法について手数料について



この公演をチェックした人はこんな公演も見ています。

坂の上の家のチラシ画像

坂の上の家

2017年11月3日 (金・祝) 〜2017年11月10日 (金)

吉祥寺シアター

グランパと赤い塔のチラシ画像

グランパと赤い塔

2017年11月18日 (土) 〜2017年11月27日 (月)

吉祥寺シアター

親鸞 大いなるみ手に抱かれて(シアター代官山)のチラシ画像

親鸞 大いなるみ手に抱かれて(シアター代官山)

2017年12月2日 (土)

シアター代官山

音楽劇「チンチン電車と女学生」のチラシ画像

音楽劇「チンチン電車と女学生」

2017年12月2日 (土) 〜2017年12月3日 (日)

東京芸術劇場 プレイハウス


公演情報詳細・注意事項

公演内容 夕陽が照らす帰り道。
立ち昇る夕餉の支度の湯気が、そっと夜空を連れてくる。
白黒テレビに映るしゃぼん玉、ラジオから流れでる甘いタンゴ。
銭湯帰りに見上げる月を、ライカ犬を乗せた宇宙船スプートニクが横切ってゆく。
この高台の町の片隅に、戦前から続く工業所を営む一家が暮らしていた。

東京に、大きな空のあったころ。
祖母から聞いた話と、祖父から聞けなかった話。
その光と影を紡いで結ぶ物語。
作者が自身の先祖をモチーフに創作する新作は、戦後を生きた市井の人びとを瑞々しく描く群像劇。
公演ホームページ http://aogumi.org/top.html
出演 福寿奈央 藤川修二 大西玲子土屋杏文有吉宣人(− 以上、青☆組) / 小瀧万梨子(青年団・うさぎストライプ) / 田村元代田正彦(★☆北区AKT STAGE) / 今泉舞石田迪子竜史(20歳の国) / 佐藤滋(青年団) / 細身慎之介(CAVA) / 吉澤宙彦(演劇集団 円)
スタッフ 舞台監督: 今泉馨(P.P.P.) / 川瀬誠(P.P.P.) / 舞台美術: 濱崎賢二(青年団) / 照明: 伊藤泰行 / 音響: 泉田雄太 / 衣裳アドバイザー: 阿部美千代(MIHYプロデュース) / 演出助手: 佐度那津季(青☆組)、小林依通子寺垣沙織(無隣館) / 宣伝美術: / 宣伝写真: 階次郎 / 制作: 岩間麻衣子  / 主催・企画制作: 青☆組 / 提携: 公益財団法人 武蔵野文化事業団 / 協力: (有)アゴラ企画こまばアゴラ劇場 阿部薫子(株)ALBA うさぎストライプ円企画(有)エンパシィ太田久美子★☆北区AKT STAGE(株)ケイセブン中村屋Sai Co.,LtdCAVAスターダス21、青年団、20歳の国P.P.P.マッシュマニアMIHYプロデュース(有)レトル舞台美術研究工房・六尺堂 / 助成: 芸術文化振興基金助成事業
公演スケジュール <期間>
2017年11月18日 (土) 〜2017年11月27日 (月)

<公演日・開演時間>
※取扱対象公演
11月23日(木・祝)14:00
11月25日(土)14:00

○開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前です。
○開演時間を過ぎますと、通常のお席にご案内できない場合や、ご入場をお待ちいただく場合がございます。
チケット 前売: 一般:4,000円 学生割引:3,500円
当日: 一般:4,300円 学生割引:3,500円
●学生割引は、ご来場当日、学籍のわかるものをご提示ください。
(全席指定/税込)

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(一般):4,000円
全席指定(学生割引):3,500円
●学生割引は、ご来場当日、学籍のわかるものをご提示ください。
(税込)
会場 吉祥寺シアター
備考
団体概要 吉田小夏(劇作家・演出家・俳優)の主宰する劇団。
2001 年、主宰の吉田がプロデュースユニットとして始動。2006〜2011年春迄、青年団リンクとしても活動。2011 年夏、メンバーの固定化に伴い劇団化。
市井の人々を丹念に見つめ描く、ペーソス溢れる緻密な戯曲と、糸を紡ぐように丁寧な演出による対話劇が身上。美しい空間演出と心の琴線に触れることばで紡がれる、瑞々しく繊細な劇世界で、10 代〜70 代迄幅広い年代に支持されている。近年では地域交流や教育の現場での演劇ワークショップなど、劇団単位での活動の幅を広げている。

関連サービス


ページトップへ