お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

MONO



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia



MONOは、日本のポストロックバンド。

概要
1999年東京で結成。
結成当初よりグローバルに活動を展開。
世界トップクラスのNYCのレーベルTemporary Residence Limitedより、これまでにオリジナル フルアルバムを6枚ワールド・ワイド・リリースしている。アメリカ/ヨーロッパ/ オセアニア/中米、またアジア各国など海外でのツアーは世界中、毎年150本にも及ぶ。2009年には活動10周年を記念し、25名のオーケストラを従えてニューヨーク、ロンドン、メルボルン、東京でコンサートを開催 。2007年には映画「Snow Angels」(監督 / デヴィッド・ゴードン・グリーン)2010年には「神の子どもたちはみな踊る」(原作 /村上春樹 監督 / ロバート・ログバル) の映画音楽を担当。
2013年にはWOWOWドラマ「かなたの子」(主演 坂井真紀)の音楽を担当し、テーマ曲「Kanata」が初のダウンロード 限定シングルとして発売。
MONOは99年、バンドをスタートした時は日本で認められずに、演奏する場所もなく、日本を出て「やるなら海外、NYCからスタートしたい」という夢をもってバンド活動をスタート。しかし、当初無名のバンドでライブゲスト5人程度、楽器を売ってお金にしながら成功を夢みて旅を続け、活動10年目にしてスタート地点だったNYCで夢だった25名のフルオーケストラを率いてライブを実現し、 2日間に渡って行われた公演をソールドアウトした。現在は全世界にわたって活動を行っている。

略歴
1999年冬、東京にて結成。ライブ演奏をメインで活動を始める。
2000年EP "Hey,you"をリリース。
2001年"Under The Pipal Tree"をjohn zornのレーベルであるTZADIKからワールドワイドリリース。
2002年"One Step More And You Die"を制作。
2003年"One Step More And You Die"をアメリカのarena rock,イギリスのrykodiscからワールドワイドリリース。国内で自身のレーベルHumanHighwayを立ち上げ、海外ツアーで意気投合した インディペンデントアーティストのリリース、招聘も行う。
2004年にはアメリカのレーベルTemporary Residence Limitedと契約。ShellacのSteve Albiniのもとで、"Walking Cloud and Deep Red Sky,Flag Fluttered and the Sun Shined "(2004), You Are There (2006),そして25名のオーケストラをフィーチャーしたHymn To The Immortal Wind (2009)を制作。
毎年、平均150本に及ぶ演奏を北中米、欧州、アジアで展開。スイスのMontreux jazz festivalをはじめ、スウェーデンのArvika,Hultsfred、ベルギ ̄ukklepop,Dour,Cactus,Domino、フランスのLes eurockeennes、チェコのColors of Ostrava、デンマークのRoskilde、イギリスのAll Tomorrow's Parties、台湾のFormoz、中国のStrawberry fes、アメリカのAxsw、そして日本のFuji Rock Festivalなど世界のフェスティバルで演奏。
2009年には結 成10周年を記念し、2000年に訪れた初めての海外公演の地ニューヨークで、最先端なアーティストと活動するオーケストラ-Wordless Music Orchestra-25名を従えて演奏、その時の模様がHoly Ground:NYC Live With The Wordless Music Orchestraとして2010年にDVD/CDでリリースされる。その後もMONO with The Holy Ground Orchestraと銘打ち、東京、ロンドン、メルボルンで演奏。
そして2012年、Wordless Music Orchestraを従えてスタジオへ。6作目となるアルバム"For My Parents"を発表。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。