お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

Cocco



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

Cocco(こっこ、1977年1月19日 - )は、日本の女性シンガーソングライター・絵本作家。沖縄県立開邦高等学校芸術科美術コース卒業。沖縄県那覇市出身。SPEEDSTAR RECORDS所属。血液型はO型。愛称はコッキーあっちゃんコウ

概要

1996年、「Cocko」の名義でインディーズデビュー。翌年、シングル「カウントダウン」でメジャーデビューし、現在の「Cocco」に改名。4枚のアルバムをリリース後、2001年4月20日にテレビ朝日系「ミュージックステーション」の出演を最後に、音楽活動を休止。

2002年、絵本「南の島の星の砂」で絵本作家としてデビュー。2003年8月15日、「ゴミゼロ大作戦 vol.0〜正しい海への道のり ラブレンジャー参上〜もしも歌が届いたら 海のゴミを拾ってねの巻」と題し、沖縄県那覇市那覇中学校の校庭にて、那覇中学校吹奏楽部、ボランティアメンバーらと、10分足らずの演奏会を開く。沖縄の海の清掃などの活動を行う。

2004年、尾崎豊のトリビュート・アルバム「"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI」に「ダンスホール」で参加。活動休止後最初の歌手活動となる。同年、くるりの岸田繁らと共にバンド「SINGER SONGER」を結成し、2005年にシングルとアルバムをリリースした。

2006年、シングル「音速パンチ」で音楽活動を実質的に再開する。2007年に『きらきら』を発売した後、イギリスで暮らし始め、大学に通い、写真の勉強をしていた。

2009年、雑誌「papyrus」に、拒食症と自傷行為のことを語る。2010年、初セルフプロデュースのアルバム『エメラルド』をリリース。

歌手活動の一方で、新聞や雑誌で連載を開始し、写真展と作品展も開催する。2008年12月には自身初のドキュメンタリー映画『大丈夫であるように -Cocco 終らない旅‐』が公開された。2010年に長編小説『ポロメリア』を発表。同年、映像作家陣とCoccoによる制作費0円の自主制作映像作品「Inspired movies」が公開された。

Dr.StrangeLoveの根岸孝旨・長田進などがサポートメンバーになることが多く、ほとんどの曲はCocco本人の作詞作曲だが、一部はDrStrangeLoveや他の作曲家の作曲もある。例えば代表曲「強く儚い者たち」の作曲者は柴草玲、そのほかにも成田忍や松本二郎などが作曲を担当しているなど、初期は他の作曲家から曲の提供を受けることも多かった。

2011年、塚本晋也監督の映画『KOTOKO』に初主演を果たし、同作品では企画・原案・美術・音楽にも携わった。

2014年1月、OFFICE SHIKA x Cocco『ジルゼの事情』で舞台初主演を果たす。初演の好評を受け、9月18日よりサンシャイン劇場にて規模を拡大して再演。

人物・エピソード

  • プロのバレリーナになることを目指してバレエオーディションを多数受けていた。姉が読んでいた雑誌にビクターの音楽新人オーディションの案内が載っており、「賞金によってバレエオーディション会場への旅費を稼げる」ことと、「東京での音楽オーディション二次審査になれば旅費が支給されるため、ついでにバレエオーディションを受けてこられる」ことから、応募をした。そのオーディションでは入賞はしなかったが、「印象が強かった」とのことでビクタースタッフにより後日スカウトされた。
  • 一児の母で、祖父は沖縄芝居役者の真喜志康忠。ドキュメンタリー映画『大丈夫であるように -Cocco 終らない旅‐』の中で、二人について語っている。
  • フィギュアスケートの大ファンで、伊藤みどりを大リスペクトしている。
  • デビュー当時は楽譜すら読めず、自分の考えをプロデューサーなどに伝えるために絵などを持ち込んでイメージを伝えていたという。

ディスコグラフィー

CDシングル


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。