お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

布施明



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

布施 明(ふせ あきら、本名:布施 晃、1947年12月18日 - )は、日本の歌手・シンガーソングライター、俳優。伸びやかな声と豊かな声量の持ち主として知られている。所属事務所は、渡辺プロダクションからプロダクション尾木を経て、2012年より独立しFRA音楽創舎を設立した。所属レコード会社は徳間ジャパンコミュニケーションズ。東京都三鷹市出身。都立府中高校入学後、豊島実業高等学校(現:豊島学院高等学校)へ転校、同校卒。血液型はA型。

横浜市立大学学長を務めた布施勉は実兄にあたる。妻は歌手の森川由加里。

略歴

布施は事務所の先輩であるザ・ピーナッツに憧れて歌手を目指した。高校在学中に日本テレビ系のオーディション番組『味の素ホイホイ・ミュージック・スクール』に合格。渡辺プロにスカウトされる。

1965年、「君に涙とほほえみを」でキングレコードからデビュー。その後も「恋」「霧の摩周湖」「愛は不死鳥」「積木の部屋」などがヒット。1969年、TBSテレビのドラマ『S・Hは恋のイニシャル』では俳優として主演した。

1975年、シンガーソングライター・小椋佳より提供された「シクラメンのかほり」の大ヒット・ミリオンセラー達成により、第17回日本レコード大賞・第6回日本歌謡大賞・FNS歌謡祭での最優秀グランプリなど、多数の賞を総ナメに獲得。ほか「傾いた道しるべ」「陽ざしの中で」「落葉が雪に」「君は薔薇より美しい」「恋のサバイバル」等ヒット曲を連発する。年末恒例のNHK『NHK紅白歌合戦』にも常連出場するなど、日本を代表する男性アーティストへ確実に成長した。熱狂的な人気を集めながらも歌唱力の評価は非常に高く、クラシック番組「オーケストラがやってきた」にメインゲスト出演してシューベルトの歌曲に挑戦したことがある。

1980年、ハリウッド女優、オリヴィア・ハッセーと結婚し話題を呼ぶ。同年、アメリカに渡り、歌手活動やミュージカルなどでも活躍した。1983年に息子Maxが生まれる。しかし1989年、離婚して日本に帰国。当時の日本では考えられない額の慰謝料、養育費が話題になる。

俳優としては、映画『ラヂオの時間』、ミュージカル『オケピ!』、テレビドラマ『男の選びかた』『ウソコイ』『WATER BOYS』『仮面ライダー響鬼』などに出演。

2004年、NHK『第55回NHK紅白歌合戦』出場20回を果たす。

2005年、特撮テレビドラマ『仮面ライダー響鬼』の主題歌「少年よ」をリリース。同年、「少年よ」が布施のシングルとしては25年ぶりのオリコンTOP20入り。初動セールス1万枚突破のヒットとなる。同年11月、『仮面ライダー響鬼』の2ndオープニングテーマ曲「始まりの君へ」をリリース。同年12月、NHK『第56回NHK紅白歌合戦』出場21回を果たし、「少年よ」を歌う。NHKと民放の枠を超え、ヒビキ役の細川茂樹や、仮面ライダー響鬼などに扮したスーツアクターたち(伊藤慎ほか)と、NHKホールのステージ上で共演した。

2006年12月13日、レコード会社をユニバーサルミュージックに移籍し、森山良子とのデュエットソング「やさしく愛して〜Love Me Tender」をリリース。同年12月、NHK『第57回NHK紅白歌合戦』出場22回を果たし、ジョン・レノンの「イマジン」を歌う。

2008年、NHK『第59回NHK紅白歌合戦』出場24回を果たし、「君は薔薇より美しい」を歌う。35年ぶりにトップバッターを務める。当時61歳であり、美川憲一と並びトップバッター担当歌手の最年長記録となっている。

2009年、NHK『第60回NHK紅白歌合戦』出場25回を果たし、「マイ・ウェイ」を歌う。紅白勇退を宣言し、ポップス歌手出場枠を後進に譲る意向を明かした。

2013年4月、歌手の森川由加里と婚姻した事を発表した。

2015年、第57回日本レコード大賞・功労賞を受賞。

芸能人との繋がり

布施明の高校時代の国語教師はSexy Zoneの中島健人の祖父で、布施は憶えて居ないものの、中島が「めっちゃモテて人気があったと祖父から聞いた」と公表した。2016年10月22日放送分のフジテレビ『MUSIC FAIR』にて。

ディスコグラフィ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。