お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

永井秀樹



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

永井 秀樹(ながい ひでき、1971年1月26日 - )は、大分県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF。

元サッカー選手、サッカー指導者の永井篤志は実弟である。

来歴

長崎県立国見高校を卒業後、国士舘大学に入学しバルセロナオリンピック最終予選に出場するも、本大会の出場権を取れなかったことで大学を中退し、1992年にヴェルディ川崎(現:東京ヴェルディ1969)に入団。

1995年にジャパンフットボールリーグの福岡ブルックス(現・アビスパ福岡)、1996年に清水エスパルスに期限付き移籍後、翌年にV川崎に復帰。その後翌1998年に横浜フリューゲルスに完全移籍。

横浜フリューゲルスの消滅に伴って、1999年に横浜F・マリノス、2001年に東京Vへそれぞれ移籍。

2002年に東京Vから戦力外通告を受けて解雇され、しばらく無所属であったが、2004年に大分トリニータに入団する。しかし2試合に出場したのみで再び戦力外通告を受ける。

2005年6月にFC琉球と契約。

2006年はJ2降格になった古巣東京Vに復帰し、東京Vでのかつてのチームメイトであるラモス瑠偉監督のもとJ1昇格を狙った。スタメン出場こそほとんどないものの、ここぞの場面で流れを変えるスーパーサブとしてラモスからの信頼を得た。

2007年、日本フットサルリーグのバサジィ大分の取締役兼スーパーバイザーに就任。

2008年、ヴェルディ側のフロントと対立し、自身のブログでヴェルディ退団を発表。

2008年6月25日、FC琉球へ復帰した。なお、FC琉球では毎年自身の年齢を背番号にしていた。

2013年11月、FC琉球を退団した。

2014年4月7日、東京Vに入団した。7年ぶりの5回目の復帰となる。

2016年11月10日、2016年シーズン限りでの引退を発表した。

2017年、東京ヴェルディユース監督兼GM補佐に就任した。同年8月14日に引退試合『OBRIGADO NAGAI』が味の素フィールド西が丘で行われた。

所属クラブ

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。