お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

小日向文世



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小日向 文世(こひなた ふみよ、1954年〈昭和29年〉1月23日 - )は日本の俳優。

北海道三笠市出身。東京写真専門学校(現・専門学校東京ビジュアルアーツ)卒業。ファザーズコーポレーション所属。既婚。

来歴

三笠市立三笠小学校、三笠市立三笠中学校を経て北海道三笠高校を卒業後、グラフィックデザイナーを目指して御茶ノ水のデザインの専門学校に通っていた18歳の時、スキーで複雑骨折して骨盤や大腿部の筋を移植するなど2年間で8回の手術をして1年を棒に振る怪我を負う。そんな自分があまりにもかわいそうになり、これだけ痛い思いをしたのだから後は好きなことをやろうと写真の専門学校に通い始める。しかしそれも何か違うと感じ、専門学校卒業後、22歳で俳優を目指すことを決意。初めは文学座に挑戦するがオーディションに落ちて失敗。しかしアルバイト先の先輩から、当時松田優作と並んで文学座で人気だった中村雅俊のコンサートスタッフ募集の話を聞いて手伝いを始め、いつのまにか中村の付き人を務めるようになる。1977年、23歳で串田和美が主宰する「オンシアター自由劇場」に入団する。1996年の解散まで19年間在籍し、劇団の看板女優吉田日出子の相手役を務めた。

39歳で同じ劇団の女優だった11歳年下の女性と結婚し、41歳で長男をもうけるも、42歳の時に劇団が解散。その後は映画・テレビドラマなど映像分野での活躍を切望するも端役が多く、5年間で連続ドラマの出演作は1本のみ。事務所に給料の前借りをしてなんとか食いつなぐ借金生活に陥る。

2001年の47歳の時、三谷幸喜演出の舞台『オケピ!』にとぼけたピアニスト役で出ている小日向を見たフジテレビのプロデューサーによって木村拓哉主演のフジテレビ月9ドラマ『HERO』にメインキャストの1人として起用されレギュラー出演したところ、ドラマが全話視聴率30%超えを記録する大ヒットとなり、それを機に仕事が途切れなく入るようになる。フジテレビ系列の単発オムニバスドラマ『世にも奇妙な物語2001年春の特別編』の一話「厭な子供」にて主演を果たす。映画では2004年の映画『銀のエンゼル』で主演を、連続ドラマでは2008年1月期の関西テレビ制作・フジテレビ系『あしたの、喜多善男 - 世界一不運な男の、奇跡の11日間 -』で主演を務めた。

2016年1月9日より日本テレビ『ぶらり途中下車の旅』に、藤村俊二(2代目ナレーター)の後を引き継いで3代目ナレーターとして登場した。

人物

  • 3人兄弟の末っ子。
  • 高校では美術部に所属し、主に油絵を描いていた。
  • 家族への愛情が深く、大学で演劇部に所属している長男、次男とはハグをかわし、そして妻とは毎日「行ってきます」のキスを欠かさない。

出演

出演作品(時期)役名の順に記載。役名が太字なのはメインキャラクター。

舞台

  • 上海バンスキング(1979年 - 1994年 全9演)
  • 5時の恋人(1992年11月)
  • 阿呆劇 三文オペラ(1993年)
  • 阿呆劇 フィガロの結婚(1995年)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。