お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

稲垣潤一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

稲垣 潤一(いながき じゅんいち、1953年7月9日 - )は、日本の歌手、ミュージシャン。本名同じ。宮城県仙台市宮城野区出身。血液型はO型。身長173cm。

来歴・人物

父親は東京都板橋区、母親は兵庫県神戸市出身で、父が終戦後、満州からの妻の疎開先・宮城県宮崎村に引き揚げ、仙台市に移り住んだ後、潤一が生まれた。

仙台市立東華中学校を経て、宮城県工業高等学校卒業。

中学に入り本格的なバンド活動を始め、仙台にて「フェイセス」を結成。その後、仙台のライブハウスや横須賀や立川の米軍キャンプ等で演奏を続けるうち、「スーパーポップボーカル」というキャッチコピーで1982年(昭和57年)に「雨のリグレット」でデビュー。以降、次々とヒットを飛ばす。

現在では自作曲もあるが、そのレパートリーは他の作詞・作曲家提供による楽曲がほとんど。その後もシングルのタイトル曲は自作していない。

1984年には俳優・神田正輝のシングル「マティーニの後で」のB面「ひき潮」の作曲を担当した。

「思い出のビーチクラブ」(1987年のカナダドライ・ジンジャーエールCMソング)、「セブンティ・カラーズ・ガール」(1989年初春のカネボウ化粧品CMソング)、「APRIL」(1986年三洋電機)などのCMソングも多数。

デビュー当初は、東芝EMIとの契約だったが、後にファンハウス(現:アリオラジャパン)に移籍し、ファンハウスを傘下にする前のBMGビクター・BMGジャパンを、さらにテイチク傘下のコンチネンタル・レーベルを経て、やはりテイチクエンタテインメント傘下のインペリアルレコードに所属。2007年より、ユニバーサルミュージック・USM JAPANレーベルに移籍。なお、BMG(air Records)時代のものを除き(2013年にソニー・ミュージックダイレクトから再発されている)、Imperial Records時代までの楽曲の原盤権はフジパシフィック音楽出版が管理しており、2008年(平成20年)にUSM JAPANレーベルからファンハウス以前のアルバムが再発された際には、フジパシフィック音楽出版のライセンシーによりリリースされている。

映画『アイ・ラヴ・ユー』の音楽監修も務め、主題歌・挿入歌を担当している(挿入歌は、同じくテイチク所属のSALAHも担当)。

既婚だが、最初の妻とは死別している。2009年(平成21年)一般女性と再婚。同年3月14日内輪のみパーティーを済ませ、挙式も済ませている。

2006年(平成18年)には声優・長谷川杏里のデビューシングル「フラグメンツ・ブルー」の作曲を担当した。

稲垣の地元、仙台市を本拠地とする東北楽天ゴールデンイーグルスのファンクラブ名誉会員(会員No.11)であり、2007年(平成19年)3月31日フルキャストスタジアム開幕戦(日本ハム戦)で国歌独唱を行った。

2013年に日本最高峰のSUPER GTのGT300クラスのGREEN TEC RACING TEAMの監督に就任した。

ディスコグラフィ

シングル

CD化されているのは、「オーシャン・ブルー」以降の作品。

配信リリース作品


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。