お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

割引公演チケット販売店舗 Tickets Today[チケッツトゥデイ]

溝口健二



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

溝口 健二(みぞぐち けんじ、1898年5月16日 - 1956年8月24日)は、日本の映画監督。
女性映画の巨匠と呼ばれ、一貫して虐げられた女性の姿を冷徹なリアリズムで描いている。サイレント映画|サイレント期は下町情緒を下敷きとした作品で声価を高め、戦中・戦後は芸道ものや文芸映画でも独自の境地を作り出した。完璧主義ゆえの妥協を許さない演出と、長回しの手法を用いた撮影が特徴的である。黒澤明、小津安二郎、成瀬巳喜男らと共に国際的に高い評価を受けた監督であり、ヴェネツィア国際映画祭では作品が3年連続で受賞している。また、ジャン=リュック・ゴダールを始めヌーベルバーグの若い映画作家を中心に、国内外の映画人に影響を与えた。代表作に『祇園の姉妹』『西鶴一代女』『雨月物語 (映画)|雨月物語』など。

来歴

生い立ち
1898年(明治31年)5月16日、東京市本郷区湯島|湯島新花町11番地(現在の東京都文京区)に、父・善太郎と母・まさの長男として生まれる。
1905年(明治38年)、私塾の田川学校に入学。一家の窮乏の口減らしのため、姉の寿々は養女に出される。寿々は養家から日本橋の芸者屋「三河屋」に奉公に出せられ、半玉となり、客の松平忠正 (藤井松平家)|松平忠正子爵<ref group="注釈">松平忠正(1886年 - 1963年)は、松平忠礼の弟土井忠直の次男で、忠礼の養子となった</ref>に落籍(後に正式に結婚し松平寿々となる)され一家の家計を助けた。1907年(明治40年)、同年開校の台東区立石浜小学校|石浜小学校に入学。同級生には後年に仕事を共にする川口松太郎がいた。6年生の時、盛岡で薬剤師をしている親戚に預けられ、そこで小学校を卒業した。1912年(大正元年)、東京に戻ったが、関節リウマチ|リウマチに罹り1年間闘病していた。
1913年(大正2年)満15歳の時、浴衣の図案屋に弟子入り。同じ図案屋仲間の弟子に大久保忠素がいた、1916年(大正5年)、赤坂 (東京都港区)|赤坂溜池の葵橋洋画研究所(黒田清輝主宰・和田三造塾頭)に入って、洋画の基礎を学んだ。この時、研究所近くのローヤル館でジョヴァンニ・ヴィットーリオ・ローシーが浅草オペラ|オペラを上演しており、その背景画を研究所が引き受けていたので、溝口もそれを手伝ううちに浅草オペラに夢中になった。また、この頃から落語や講談などの江戸趣味に凝り始め、レフ・トルストイ|トルストイ、エミール・ゾラ|ゾラ、ギ・ド・モーパッサン|モーパッサンなどの外国文学や、尾崎紅葉、夏目漱石、泉鏡花、永井荷風らの本を読みあさっていた。
1917年(大正6年)、姉の計らいで名古屋の陶器会社の図案部に入ることになるが、働く気にはなれず、入社翌日には東京に戻った。1918年(大正7年)、神戸又新日報|神戸又新日報社広告部の図案係に就職するが、僅か1年で退職した。

日活時代
1920年(大正9年)、友人の琵琶の弟子だった日活の俳優・富岡正と親しくなり、日活向島撮影所に出入りするうち、若山治の知遇を得、同撮影所に入社した。俳優志願で入社したが、小口忠の助監督に就くことになり、やがて田中栄三の助監督として、彼の代表作である『京屋襟店』などの作品を担当した。
1923年(大正12年)2月、若山のオリジナル脚本による『愛に甦へる日 (1923年の映画)|愛に甦る日』で24歳にして映画監督デビューを果たしたが、貧乏生活の描写が余りにも写実的過ぎたため検閲で大幅にカットされ、やむなくつなぎで琵琶劇を入れて公開したという。同年だけでも11本の監督作を発表しており、漁村を舞台としたメロドラマ『敗残の唄は悲し』や、アルセーヌ・ルパン|ルパンを翻案した探偵劇『813 (小説)#1923年版|813』、表現主義風の『血と霊』など様々なジャンルの作品を作っている。同年9月1日、関東大震災が発生。その影響で京都の日活撮影所|日活大将軍撮影所に移り、『峠の唄』『大地は微笑む 第一篇』などの佳作を手がけた。
1925年(大正14年)5月、痴話喧嘩のもつれから、同棲中の一条百合子(別れた後、貧しさのため娼婦となる)に背中を剃刀で切られるという事件が起きる。丁度『赤い夕日に照らされて』の撮影中の出来事であり、この事件で作品の監督を降ろされ、しばらく謹慎処分となる。しかし、9月には撮影所に復帰した。1926年(大正15年)、『紙人形春の囁き』『狂恋の女師匠』などで下町情緒を描き、女性映画で独特の感覚を発揮していった。1927年(昭和2年)、ダンサーの嵯峨千枝子と結婚。
1929年(昭和4年)には、左翼思想の高揚に乗じて『都会交響楽』などの傾向映画を作って、リアリズム追求に邁進し、翌1930年(昭和5年)製作の『唐人お吉 (小説)#1930年版|唐人お吉』は大ヒットした。同年にはパートトーキーの『藤原義江のふるさと』を発表するが、技術的に拙く失敗作となった。

新興キネマ・松竹時代
1932年(昭和7年)、日活を辞めて新興キネマに入社。同社第1作は入江ぷろだくしょんと提携した『満蒙建国の黎明』で、満州で2カ月間ロケーション撮影を行った国策映画だが、興行的には大失敗した。1933年(昭和8年)、『日本橋 (戯曲)#1929年版|日本橋』に続く泉鏡花作品の映画化となる『瀧の白糸#1933年版|瀧の白糸』がキネマ旬報ベストテン第2位にランクインされ、興行的にも成功、溝口のサイレント期の傑作となった。1934年(昭和9年)の『神風連』を最後に新興キネマを退社して日活多摩川撮影所で『愛憎峠』を撮るが、日活多摩川での作品はこの1作のみとなった。
同年9月、日活を退社した永田雅一が設立した第一映画社に参加。山田五十鈴主演・泉鏡花原作の『折鶴お千』などを経て1936年(昭和11年)、依田義賢とはじめてコンビを組んだ『浪華悲歌』そして、祇園を舞台に対称的な性格の芸者姉妹をリアリズムに徹して描いた『祇園の姉妹』を発表し、戦前の代表作となった。同年、永田の新興キネマ入りによって第一映画社は解散、溝口も首脳部や他のスタッフと共に新興キネマに入った。
1937年(昭和12年)、日本映画監督協会の2代目理事長に就任し、1955年(昭和30年)まで務めた(1943年(昭和18年)に一旦解散し、1949年(昭和24年)に再結成されている)。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:12,000円
(全席指定・税込)
2016年11月4日 (金) 〜
2016年11月27日 (日)
明治座