お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

綾小路きみまろ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

綾小路 きみまろ(あやのこうじ きみまろ、1950年12月9日 - )は、日本の漫談家、お笑いタレントである。本名は假屋 美尋(かりや よしひろ)。

人物

鹿児島県曽於郡松山町(現・志布志市)出身。5代目鈴々舎馬風門下。あん摩マッサージ指圧師の国家資格を保有。現在の家族構成は本人、5歳違いの弟、妻、子供3人。父親は1997年、本人が40代後半の時亡くなったが、生前は馬の種付けや農業をしていた傍ら、戦時中は徴兵されて戦地に出向いた事もある。

鹿児島県立末吉高等学校、拓殖大学商学部卒業。身長165cm、体重70Kg。血液型はO型。

「落語協会」会員である。また、日本の司会者統括団体である『日本司会芸能協会』の理事も務めている。

芸風は立川談志、上岡龍太郎、ビートたけし、毒蝮三太夫等によって確立された毒舌漫談というジャンルであるが、中高年世代が持つ人生の悲哀をユーモラスに語るのが特徴で、とりわけ中高年(メインは1940年代後半以降の所謂団塊世代。なお、きみまろ自身も1950年生まれの為、団塊世代にあたる)に人気が高いため「中高年のアイドル」とも言われる。しかし本人は「毒蝮三太夫さんの様に『クソババア』とは言えない」と述べている(漫談の基本スタイルやきみまろ自身がいつも口にしているセリフについては#きみまろの漫談スタイル・傾向を参照の事)。きみまろ自身、50歳を超えてようやくブレイクした事から、「遅咲き」と自負している。

山梨県南都留郡富士河口湖町に別荘「きみまろ亭」を持つ。別荘ではあるが、自身の自宅である。2003年にサラリーマン川柳からの盗用を認め謝罪した。一時のブーム沈静化後にはテレビ出演する機会が減ったが、地方では1日に2回公演・3回公演と精力的に営業を行ない、2004年山梨県の長者番付で2位となる。2004年に清水國明とともに、富士河口湖町の特別町民の第1号として表彰された。

カツラを使用している事をマスメディアで自らカミングアウトし、本人もカツラ(ヘアピース)を認めている。揉みあげは地毛で、あとは「ズッポリ」だという。また、髪を後ろで束ねている部分については、下半分が地毛で上半分がカツラの髪であると『SmaSTATION!!』で香取慎吾に明かしており、これは万が一のときにカツラが完全に取れてしまわないようにするためである。

痛風・高血圧・睡眠時無呼吸症候群の持病がある事も自身の著書で度々公開している。

趣味は農作業、草むしり、ジョギング、骨董品の収集。

来歴

  • 1969年
    • 司会者を目指す為上京。父親からは餞別の1万円しか貰えず、その金で夜行列車に乗り上京したと言う。新聞販売店で働きながら1年浪人した後、1970年に拓殖大学に入学。たまたま配達先の病院に足立区でキャバレーを営む患者が入院しており、雇われる。その後新宿のキャバレーに移り、また四ッ谷のマッサージ師養成学校で資格をとる。歌舞伎町のキャバレーで、春日八郎、殿様キングス、ツービート、ディックミネ、淡谷のり子、ケーシー高峰と出会う。
  • 1979年
    • 日劇より漫談家としてデビューする。同郷の森進一や、小林幸子、伍代夏子などのコンサートの司会を務める。この頃からサービスエリアで休息中の観光バスに自作の漫談テープを配布しており、主に山梨県内や静岡県の御殿場周辺で配布していた。
    • 芸名はポール牧がコントで使っていた架空の名前を無断で借用(後に牧本人から使用を許される)。長い下積み時代に1年間だけ「山本一貴」と芸名を変えた事があるが、彼自身はこの1年間を抹消したいとのこと。また、本名をもじった「狩屋きみまろ」と名乗った時期もある。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:5,500円(全席指定・税込)
2017年11月14日 (火)
大宮ソニックシティ
大ホール

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
S席:5,500円
S席[車椅子席]:5,500円
(全席指定・税込)

★車椅子席・介助者席はお電話のみでの受付となります。
 カンフェティチケットセンター 0120-240-540(平日10:00〜18:00)
 また数に限りがございますので、予めご了承ください。
2018年1月18日 (木)
ウェスタ川越
大ホール