お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

吉川晃司



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

吉川 晃司(きっかわ こうじ、1965年8月18日 - )は、日本のミュージシャン|ロックミュージシャン、シンガーソングライター、俳優。本名同じ。
自身設立の所属事務所、株式会社アクセルミュージックエンターテイメント代表取締役社長。身長182cm。既婚。
広島県安芸郡 (広島県)|安芸郡府中町出身。1984年、シングル「モニカ (曲)|モニカ」で歌手デビュー。「ラ・ヴィアンローズ (吉川晃司の曲)|LA VIE EN ROSE」、「KISSに撃たれて眠りたい」、「VENUS 〜迷い子の未来〜」や布袋寅泰とのユニット、COMPLEXでの「BE MY BABY」などのヒット曲で知られる。デビュー当時は映画に多数出演。一時俳優業からは遠ざかっていたが、2000年の『漂流街』出演以降、しばしば取り組むようになった。

略歴
<!-- 時系列に応じて並び替えが必要。また、「エピソード」節と混同が見られるので整理・入れ替えが必要。 -->
* 吉川の元の実家は広島市への原子爆弾投下|原爆投下まで、現在の広島市中心部、原爆ドームと元安川を挟んで真向かいの場所で料亭を営んでいた。父親は若い頃、京都市|京都の太秦で大部屋俳優をしていたが、家業を継ぐため俳優を諦め板前になったという経緯を持つ。吉川が幼い頃、店が火事になり廃業し、その後喫茶店の経営やタクシー運転手・管理職<!--宇品タクシー(熊平製作所近くにあった。現在は廃業)-->などをした。
<!-- * 。 -->
* 府中町立府中小学校出身(宇梶剛士も2年まで在学で先輩、竹原慎二は後輩になる[http://ameblo.jp/shinji-takehara/entry-10441942959.html 府中町 3人 組じゃ|竹原慎二 オフィシャルブログ-竹原慎二はブタっ鼻(2010-01-24)]<br />[http://www.vv.fm/blog/ukaji.php?blogid=2&archive=2009-03 宇梶剛士オフィシャルサイト2009-03]<br />[http://www2.town.fuchu.hiroshima.jp/www/contents/1180053147750/files/04.pdf 平成18年第4回府中町議会定例会]
</ref>)。修道中学校・修道高等学校|修道中学校を経て修道中学校・修道高等学校|修道高等学校二年時に中退。
* 広島の男子進学校である修道中学校・修道高等学校|修道中学校時代から水球の選手として活躍し、修道高校時代には世界ジュニア水球選手権大会の日本代表。また2年連続全日本高校最優秀選手に選ばれたほどの逸材で、最年少日本代表としてイタリア・エジプト遠征にも参加した。合格したものの授業についていけず、いきなり落ちこぼれたとメディアでも語っている。しかも、いざ入学するとその2本の白線で、修道中学校生だと判ってしまい、悪いことが出来なかったため、嫌いになってしまったそうである(入学後は、その白線を物と擦って消していたという)。
* 同じ水泳部だったBEE PUBLIC#メンバー|酒井麿に誘われロックバンド(EIGHT CITYS FISH BAND/通称:はまちバンド)に加入、バンド活動も平行して行っていたが、佐野元春のコンサートを見て、カルチャーショックを受け音楽一本に絞る。なお、なぜナベプロかといえば「沢田研二、アン・ルイスなどが当時所属していたのがナベプロで、ここがいいな」と言い(吉川本人の回想)、他のプロダクションは知らなかった。
* 渡辺プロの関係者が、高松市|高松の松本明子を見に行った帰りに、本当に会いに来てくれて、その後の数度のオーディションを経てナベプロ入り。修道高校からは水球の推薦で慶應義塾大学に特待生として入学できる道が開かれていたため、教師、両親や周囲から猛反対を受けた。自分だけが東京に呼ばれたと思っていたら、そういう人がたくさんいて、当初はスクールメイツと練習をこなす。すぐにデビューさせてもらえず、当時のマネージャーの部屋に居候。ダンスのレッスン代わりに新宿区|新宿、渋谷、六本木のディスコで毎日踊り、当時最先端の音楽、ファッション、踊りを身につけた。しかしいつまでたってもデビューさせてくれないことに業を煮やし、社長室に直談判したところ渡辺晋社長に気に入られ、デビューへの運びとなった。
* 実際には渡辺プロは吉川を「10年に1度の逸材」とみなし、凋落していたナベプロの起死回生のため、社長自らが音頭をとってデビューのためのプロジェクトチームを編成するほどの力の入れようだった。「ナベプロ帝国の興亡」軍司貞則著、文藝春秋(1995年)によると、その当時渡辺プロの金庫には3億円の現金しかなく、渡辺晋は30人ほどのスタッフとの会議において、その金で吉川を売り出す方法をひねり出せ、と迫った。映画と歌の同時デビューもナベプロの肝いりで実現した。吉川は渡辺晋の手掛けた最後のタレントになった。大澤誉志幸が「渡辺プロは総力を挙げて吉川晃司を売り出すから、お前にかける金はない」と、ナベプロのスタッフから言われたという逸話も残る。
* 1984年2月1日シングル「モニカ (曲)|モニカ」でデビュー。この曲は、同年2月11日公開の主演映画『すかんぴんウォーク』の主題歌でもあった。以降「サヨナラは八月のララバイ」、「ラ・ヴィアンローズ (吉川晃司の曲)|LA VIE EN ROSE」、「You Gotta Chance 〜ダンスで夏を抱きしめて〜|ユー・ガッタ・チャンス」(オリコンチャート|オリコン3週連続1位)、「にくまれそうなNEWフェイス」(オリコン1位)、「RAIN-DANCEがきこえる」(オリコン4位)、「キャンドルの瞳」(オリコン2位)と立て続けにヒットシングルをリリースし、1984年の日本歌謡大賞最優秀新人賞、日本アカデミー賞新人賞など歌手と俳優の両部門で8つの新人賞を独占。翌1985年暮れにはNHK紅白歌合戦に出場した。
* またこの年の始めに、デビュー1年目では史上2人目の日本武道館公演を行った。1人目は原田真二(1978年7月24日)。その他、初期に行われた学園祭コンサートで、体育館にある緞帳(どんちょう)にぶら下がり、緞帳をビリビリに破いてしまったことがある。その弁済金は1,000万円だったという。
* 1987年に発売したシングル「MARILYNE」は、当時の恋人である女優の石原真理子(石原真理)との恋愛実体験を歌詞にした曲であったことが判明。吉川本人が明石家さんまのラジオで、石原のことを「憧れの人」と呼び、「悲しいことや楽しいことも彼女とは憧れの形で実現出来る」と、石原の存在は吉川の理想であることを語った。
* ナベプロは芸能プロダクションであるため、歌だけでなくバラエティ番組にも出なければいけないが、当時はそれが嫌で、人前に出て笑うことは一切できなかった。そのため渡辺晋にいつも「独立させて下さい」とお願いしていた。ガンの末期にあった渡辺の最期に近い頃の言葉は「吉川は元気でやっているか、イタリアで?」であったという。その言葉は胸にズシッと響き、毎年何度も足を運ぶ渡辺の墓参りでは、渡辺から叱咤激励されているような気がするという。
* 1988年に一時活動を停止した後、渡辺プロダクションから子会社独立と言う形で22歳のとき独立、マネージャーの河村嚴生が代表取締役社長のセブンスエンタープライズ所属になる。レコード会社をEMIミュージック・ジャパン|東芝EMIに移籍。
* 元BO?WYの布袋寅泰とユニット「COMPLEX」を結成し、翌1989年4月にシングル「BE MY BABY」(トヨタ・セラのCM曲)をリリース。COMPLEXは『BE MY BABY』を含め2枚のシングルと2枚のアルバムをリリースした(いずれもオリコンチャート1位を記録)後、1990年11月8日の東京ドームのライブをもって活動を停止。ビジネス的なことにはまったく興味がなく純粋にロックがやりたかった吉川と、音楽を活動コンセプトやサウンドアプローチからビジネス面までトータルで捉える布袋との間に徐々に溝が生まれ、最後は飲み屋でのつかみ合いの喧嘩に発展して活動停止に至った。布袋、吉川はそれぞれ、当時の音楽雑誌のインタビューで「COMPLEXさえ組まなければ、少なくとも友人を失う事はなかった」とコメントしている。しかし、東日本大震災復興支援ライブを同じく東京ドーム2DAYSとして行い、21年ぶりに復活。待ちかねたファン約10万人が詰め掛けた(後述)。
* 1997年に東芝EMIから、元同社専務取締役である石坂敬一が代表取締役に就任したユニバーサルグループに移籍。しかしこの時期の音楽業界に吹き荒れた外資の嵐と変革の混乱の中で売上が低迷。その後2002年に徳間ジャパンへ移籍。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
指定席:8,100円
サイドバック指定席:8,100円
(全席指定・税込)

◆◇Tickets Today 引取で発券手数料無料!
★カード決済のみ。お客様情報入力欄で「セブン-イレブン発券」もしくは「Tickets Today発券」をお選びいただき、
6月24日(土)10:00以降〜公演当日までに、選択された引取方法にてチケットをお受取りください。
・「Tickets Today発券」を選択された場合、チケット引取の際に予約番号・会員登録されている電話番号の下4桁・クレジットカードもしくは身分証明書のご提示が必要です。
・予約確定後のお引取方法の変更は出来ません。TicketToday店舗毎の営業時間はこちらからご確認ください。
★チケット受取り時まで、座席番号はわかりません。予めご了承ください。
※電話予約不可
2017年7月21日 (金)
日本武道館