お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

岩崎加根子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

岩崎 加根子(いわさき かねこ、1932年10月25日 - 本名:村田 加根子)は、日本の女優。

人物・略歴

北海道函館市に生まれ、幼時に東京に移る。父親は熊本県、母親は関西出身。立華学園卒業。1949年俳優座養成所の第1期生となり、1952年卒業と同時に俳優座に入団、現在も所属。

主な活動の場は舞台で、1970年代には市原悦子と安部公房が主宰する演劇集団「安部公房スタジオ」に所属していた。

映画にもコンスタントに出演しており、『反逆児』では主演の中村錦之助からのお墨付きで相手役に抜擢された。『太陽への脱出』では石原裕次郎の相手役を演じた。

その演技力を買われ、「俳優座が生んだ三大新劇女優」の1人と謳われている(あとの2人は渡辺美佐子と市原悦子)。

出演

映画

*太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

  • 恋文裁判(1951年) - 植松美奈子
  • わかれ雲(1951年) - 山下茂子
  • 浅草四人姉妹(1952年) - 美佐子
  • ひめゆりの塔(1953年) - 花城露子
  • 悲劇の将軍 山下泰文(1953年) - 比島の少女(証人)
  • 勲章(1954年)
  • 夏目漱石の三四郎(1955年) - 野々宮よし子
  • 警察日記(1955年)
  • 雨情(1957年) - その妻節子

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(一般):5,400円
全席指定(学生):3,780円(税込)
2017年9月20日 (水) 〜
2017年10月1日 (日)
俳優座劇場

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
16名限定!一般5,400円 → 4,200円 さらに200Pゲット!
2017年9月20日 (水) 〜
2017年10月1日 (日)
俳優座劇場