お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

T.M.Revolution



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

T.M.Revolution(ティー・エム・レボリューション)は、西川貴教のソロプロジェクト。略称はT.M.RTMなど。

名前の由来

"Takanori Makes Revolution"(貴教が革命を起こす)の頭文字を取ったものである。また、西川貴教という一個人の名義ではなく、プロデューサー(浅倉大介)や関係者、また全てのファンも一緒に歩んで行くという意味が込められたプロジェクトの名称である。

なお、この名称は浅倉大介がサポートメンバーを務めていたTM NETWORKに由来していると推測されるが、浅倉は著書の中で「似ている事には後で気が付いた」と述べている。一方、浅倉はテレビやラジオ等で小室哲哉に「TMの名前を使わせて貰います」と直接電話した事を語っている。

来歴

デビューまでの経緯

  • 1995年
    • 1月1日、浅倉大介と貴水博之によるユニットaccessが活動休止。
    • 3月6日、NHK「ポップジャム」公開収録において浅倉、貴水がソロ活動を発表。浅倉は他アーティストのプロデュースを含むソロ活動を開始する。この頃、ヘアメイクを担当する美容院SMOKERの美容師・横原義雄が、浅倉のシングルに参加するボーカリストの一人として、西川を紹介する。西川は1991年にバンドLuis-Maryのボーカルとしてデビューするが、売り上げの不振や音楽性の違いなどにより1993年に脱退していた。
    • 5月25日、「浅倉大介 expd. 西川貴教」名義でリリースされたシングル「BLACK OR WHITE?」に、ゲストボーカリストとして西川が参加。オリコンベスト20入りを果たす。
    • 7月18日〜9月5日にかけて行われた、浅倉大介・葛城哲哉・木根尚登によるライブイベント「What Jam?」に西川がゲスト出演。前出の「BLACK OR WHITE?」やTM NETWORK、accessの楽曲を歌った。以後、浅倉大介トータル・プロデュースによるソロ・プロジェクト「T.M.Revolution」が始動した。
    • なお、西川と浅倉はプロジェクト発足に際して3つの約束を結んだ。この約束は、デビューより2年8か月後に達成される。
      1. シングルでオリコンチャート1位を獲得すること
        • 1997年10月、6thシングル「WHITE BREATH」にて達成。
      2. アルバムでミリオンセラーを達成すること
        • 1998年2月、3rdアルバム『triple joker』にて達成。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。