お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

松澤くれは



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

松澤 くれは(まつざわ くれは、1986年6月28日 - )は、日本の演出家、脚本家、俳優。富山県出身。劇団<火遊び>代表、サイバー∴サイコロジック主宰。早稲田大学第一文学部卒業。

早稲田大学在学中に「サイバー∴サイコロジック」を旗揚げし、ナンセンスとミステリを融合させた独特の作風で、全作品の脚本・演出を手がける。

2012年、芥川賞作家・中村文則のベストセラー『掏摸[スリ]』(第4回大江健三郎賞受賞作)を初めて舞台化した。

2013年、俳優座劇場にて真梨幸子の50万部超えベストセラー小説『殺人鬼フジコの衝動』(主演:新垣里沙)を舞台化した。

2013年に<火遊び>を発足する。

脚注

外部リンク

  • 松澤くれは - プロフィール
  • クレハズム - 公式ブログ
  • 松澤くれは (@suama_sweetnam) - Twitter

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。