お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

マキノノゾミ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

マキノ ノゾミ(1959年9月29日 - )は、日本の男性俳優・劇作家・脚本家・演出家である。劇団M.O.Pを主宰するとともに、オフィス・マキノに所属している。本名、牧野望。

来歴・人物

静岡県浜松市出身。浜松日体高等学校、同志社大学文学部卒業。

1984年、劇団M.O.Pを結成。同年つかこうへい作『熱海殺人事件』公演で旗揚げ。以後役者として舞台に立つ傍ら演出もこなしている。近年は脚本家としての活動が多く、外部の舞台へも作・演出と幅広く活動する。

2002年後期のNHK連続テレビ小説『まんてん』の脚本を担当したことで広くその名を知られるようになった。

妻は劇団M.O.P.に所属した女優のキムラ緑子。2005年に一度それぞれの進む道のため離婚したが、2011年に復縁した。

血液型はB型。特技はピアノ。日本劇作家協会常務理事を務める。

受賞歴

  • 1991年十三夜会賞『ピスケン』
  • 1993年東筑紫学園戯曲賞『モンローによろしく』
  • 1994年第45回芸術選奨文部大臣新人賞『MOTHER』
  • 1994年京都市芸術新人賞受賞『MOTHER』
  • 1994年大阪府舞台芸術奨励賞『青猫物語』『夏のランナー』
  • 1997年第49回読売文学賞受賞『東京原子核クラブ』
  • 1998年第5回読売演劇大賞優秀作品賞『フユヒコ』
  • 2000年第4回鶴屋南北戯曲賞『高き彼物』
  • 2001年第36回紀伊国屋演劇賞個人賞『黒いハンカチーフ』『赤シャツ』
  • 2001年第8回読売演劇大賞優秀演出家賞&作品賞『怒濤』

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。