お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

立川志の輔



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

立川 志の輔(たてかわ しのすけ、1954年2月15日- )は、富山県新湊市(現:射水市)出身の落語家、タレント。本名、竹内 照雄(たけうち てるお)。左利きで、血液型はA型。オフィスほたるいか所属。出囃子は『梅は咲いたか』。2008年、芸術選奨文部科学大臣賞受賞、2015年、紫綬褒章受章。

身長176cm。

来歴

生い立ち・学生時代

幼いころに両親が離婚。その後母親が亡くなり、5歳のころ、骨董店を営む母方の祖父母宅で、祖父母と母親の兄の伯父夫婦家族と共に生活し、伯父夫婦には実の子のように育てられた。祖父が落語好きでもあり、落語との出会いは、家族がテレビで見ていた5代目柳家小さんであったが、大学生になるまでは、落語には興味はなかった。

高校時代はソフト(軟式)テニス部所属、富山県代表でインターハイに出場したこともある。

富山県立新湊高等学校を経て、明治大学経営学部卒業。

明治大学在学中は落語研究会(落研)所属。同落研での伝統ある高座名「紫紺亭志い朝」を、2年先輩の三宅裕司(4代目)から引き継ぎ、5代目紫紺亭志い朝として活動。その後、2年後輩の渡辺正行に譲る(6代目)。

明治大学在学中、先輩の三宅裕司の影響もあり、演劇にも興味を持つ。

談志に入門

大学卒業後は、さまざまなアルバイトをしながら、劇団「シェイクスピア・シアター」や劇団「昴」の養成所に所属、演劇の勉強をする。その後、串カツ屋でのアルバイト生活がメインとなり、バイト後によく飲みに行っていた新宿ゴールデン街で知り合った広告代理店関係者に誘われて、広告代理店に入社(社員であった時期には、テレビCM制作などに、従事することもあった)。28歳のころ、社長から「現場も、営業も経験したけれどこれからどうする?」(社内でどの職種で働きたいか)という話があり自身ではそのころ、頭の片隅では落語のことが忘れられずに、「半分以上は落語家がいいんじゃないか」と思いながらも「このまま会社にいるのは、会社にも失礼で、自分自身が辛く」、区切りをつけるために退社(社長にはあきれられた)。

大学在学中の落研時代から3代目古今亭志ん朝への憧れが強かったが、国立演芸場での「談志ひとり会」で7代目(自称5代目)立川談志の『芝浜』を観たことが、談志に入門する決め手となった。この時の談志の『芝浜』は、従来の『芝浜』とは異なる作風へと劇的に変化したものだった。

「落語家になりたい」と思い、広告代理店のサラリーマンを辞めた時期には、故郷の新湊高校で同級生だった女性と結婚をしており、落語家への転職を半年近く悩み、大学の同級生で落研でも一緒だった立川談之助(すでに談志に入門していた)に相談をし、「弟子入りはどうやってするのか?」などのアドバイスを受けたりもして、落語家になる事を決意をする。

談志門下には大学の後輩の立川談幸がいるが、志の輔のほうが入門が後だったため、談幸は兄弟子である。

1983年1月、29歳で談志に入門。「志の輔」の前座名で立川流の落語家となる。

売れっ子に

1983年、師匠・談志が一門と共に落語協会を脱退。志の輔が寄席定席での前座修行を直前に控えての脱退劇であったため、志の輔は前座として寄席での仕事や高座に上がることは一度もなかった。

前座修行中、通常はほぼ無収入なのだが、前職の広告関係の知り合いからナレーションの仕事などの依頼があり、小遣い程度の収入はあった。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:3,500円(税込)
2017年11月8日 (水) 〜
2017年11月10日 (金)
三越劇場