お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

園まり



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia


園 まり(その まり、1944年4月12日 - )は、日本の歌手、俳優|女優。本名は、薗部毬子(そのべ まりこ)。

略歴
神奈川県横浜市出身。1954年10才で安西愛子に師事しコーラスグループ“杉の子子ども会”を経て、キング児童合唱団へ入団。1956年、本名の薗部毬子名義で、キングレコードから「つゆの玉ころり」で童謡歌手としてデビュー。同時に岸恵子、有馬稲子と共にミシンの広告モデルとしても活動。
元々はクラシックの歌手を目指していたが、1960年11月テレビ朝日|NET『あなたをスターに』で優勝。1961年4月渡辺プロダクションに入社。1962年5月「鍛冶屋のルンバ」でレコードデビュー。7月フジテレビジョン|フジテレビ『レッツゴー三人娘』で中尾ミエ、伊東ゆかりと『スパーク3人娘』を結成。『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ放送網|日本テレビ)などに出演。
洋楽の日本語カバー「マッシュ・ポテト・タイム」「太陽はひとりぼっち」「女王蜂」「花はどこへ行った」がヒット。1964年「何も云わないで」がNHK”きょうのうた”で放送され、歌謡曲の初ヒットとなる。その後「逢いたくて逢いたくて|逢いも逢いたくて逢いたくて|くて逢いたくて」「夢は夜ひらく」「何んでもないわ」「愛は惜しみなく」 等のヒットも記録し、園まり節と呼ばれる歌唱法でヒット。また、「夢は夜ひらく」は藤圭子歌唱によるバージョンも存在する。これら3作は同名タイトルで日活で映画化された。『NHK紅白歌合戦』には1963年から1968年まで6回連続出場(1963年の「キューティ・パイ・メドレー」と1964年の「夢みる想い」は、中尾・伊東と三人娘で歌唱)。
1966年 - 1967年マルベル堂のブロマイド売り上げ女性歌手第1位。
その後、ディナーショーや女優としてのドラマ出演などで活動。1990年代に一時、芸能界を退いていたが、芸能活動を再開。2006年に25年ぶりのシングル「2人はパートナー」(原曲:ペ・ヨンジュン主演・韓国ドラマ「初恋」挿入歌)を発売。「逢いたくて逢いたくて」は2007年、映画『歌謡曲だよ、人生は』の第9話(主演:妻夫木聡)の歌に起用された。
2009年3月4日放送、テレビ朝日『徹子の部屋』で、初期の乳がんだったことを告白。2007年に発見したが、翌2008年1月に手術して克服し、早期発見の大切さを訴えた。
2010年4月「アクティブシニア2010」園まりふれあいコンサートin名古屋ドーム、6月「大人の文化祭2010」園まりふれあいコンサート in 長野エムウェーヴなどのシニア向けコンサートに出演。
2011年(2011年6月・7月NHK「ユアソング」)「もう一度逢いたくて」発売。
現在はコンサート、人生体験を交えた「語りでつづるライブ」、3人娘コンサートなどさまざまな音楽活動の傍らで、老人ホームなどでのボランティア活動にも取り組んでいる。

特記事項

*東京の小学校時代、放送部に所属、評判の名アナウンサーだった。
*全盛期、日劇で開催された『園まりショー』では、ザ・ドリフターズや布施明が前座をつとめていた。
*遠藤周作が、著書『足のむくまま気のむくまま」』(文春文庫 1986年)で、園まりファンを公表。
*2003年、文藝春秋 (雑誌)|文藝春秋で発表された小説「忌中」(車谷長吉・著)の中に、復活直後の様子が取り上げられている(のちに文庫化)。
*ベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー (ベン・E・キングの曲)|スタンド・バイ・ミー」を日本語詞でカバー。レコーディングはされていないが、ステージソングでは欠かせない1曲に。訳詞は大塚彩子に依頼。2011年11月16日に発売された、ベン・E・キングのアルバム「Dear Japan,」に収録された日本語版「スタンド・バイ・ミー」には、園まりヴァージョンの訳詞が採用されている。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
1階席:5,500円(全席指定・税込)

2017年2月1日 (水)
板橋区立文化会館
大ホール