お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

隅田川馬石



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

隅田川 馬石(すみだがわ ばせき)は、落語家の名跡。当代は4代目。

4代目によれば、両国の横網にある馬を繋ぎとめる石と隅田川のほとりの場の石から出来た名前で、初代金原亭馬生が弟子をつれて隅田川のほとりを散歩している時に思いついたものとされる。

初代

初代金原亭馬生の門下の亀助という人物が名乗っていた。没年未詳、長寿だったという。

弟子に初代雀屋翫之助がいる。

2代目

本名渡辺 亀吉(1856年3月8日 -??)最初は3代目春風亭柳枝の門下で柳葉、後に3代目麗々亭柳橋(後の初代春錦亭柳桜)門下で柳孝、1890年に2代目襲名。 1894年に柳の小枝と名乗り、この間に数度改名したと思われる、その後はやし家亀楽から4代目春風亭柳枝の門下で連枝、1911年には梅朝となった。その後の活動は不明、大正中ごろまで消息があるが、没年は不明。 春風亭、麗々亭系のネタを多く覚えていてツナギの名人として後世に伝えた。柳派の稽古台としても重宝された。

「水滸伝」「西遊記」「三国志」「おとわ丹七」「九州吹戻し」「紫壇楼古木」などの人情物を得意とした。

3代目

5代目古今亭志ん生が、1930年9月1日から同月20日までの間、この名前を名乗っていた。ただし名跡の代数は降っていない。

4代目

当代(1969年7月14日 - )は落語協会の落語家。本名は村上 覚(むらかみ さとし)。兵庫県西脇市出身、兵庫県立西脇工業高等学校卒業。出囃子は「め組の合方」。口の上の大きなホクロが印象的で、劇団にいた頃は石坂浩二に「おい鼻クソ」と呼ばれ、かわいがられていた。『落語ファン倶楽部』を参照すると富士通にも勤めていたことがある模様。

インプレスTV、「インターネット落語会」の特集で、二ツ目の昇進の際に既にこの名跡を継ぐ話は出ていたが、可愛げがないから止めたというエピソードが語られている。

「馬石」のアクセントは本人によると、語頭(「ば」)に置くとのこと。

経歴

  • 1991年6月 石坂浩二主宰劇団急旋回に入団。
  • 1993年10月 五街道雲助に入門、前座名「わたし」。初高座は「道灌」。
  • 1997年9月 二つ目昇進と同時に「五街道佐助」に改名。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由:2,700円(整理番号付・税込)
2017年8月6日 (日) 〜
2017年8月27日 (日)
なかの芸能小劇場

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
■渋谷らくご
大人2,300円 学生1,700円 高校生・落研1,000円 会員2,000円
■ふたりらくご
大人1,000円 学生700円 高校生・落研400円 会員900円(税込)
2017年9月8日 (金) 〜
2017年9月12日 (火)
ユーロライブ