お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

斎藤洋介



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

斎藤 洋介(さいとう ようすけ、本名;斉藤 洋介、1951年7月11日 - ) は、日本の俳優。愛知県名古屋市出身。千葉県松戸市在住。才賀京子事務所を経てアクトレインクラブ所属。名古屋学院高等学校(現名古屋高等学校)、明治大学卒業。左利き。息子は斉藤悠。

来歴・人物

面長が特徴で、しばしば「モアイ顔」「魔法使い」と評される。学生時代のあだ名は「台湾バナナ」。高校時代は応援部に所属。

大学時代は落語研究会に所属。ここで三宅裕司と出会い、卒業後に劇団SETを立ち上げ名付け親となるが、1979年頃に退団。

テレビドラマ初出演は『男たちの旅路』第4部の「車輪の一歩」(1979年)。身体障害者というテーマを真正面から扱ったことで評価が高く、たびたび再放送されている。このドラマでは車椅子の青年役を演じ、初出演ながら重厚な演技を見せ、古尾谷雅人らとともに注目を集める。これ以降、ドラマの重要な脇役として活躍。温厚そうな顔付きだが、善人から悪人まで様々なキャラクターを演じる。

初レギュラーは『1年B組新八先生』の美術教師・田中洋介役。生徒と敵対するが虐げられて、徐々に打ち解けていく新任教師を好演して認知される(翌年の『2年B組仙八先生』でも同役で出演)。

そして1994年、『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』と『家なき子』での迫真のイジメ役が話題を呼び、確固たる地位を確立(1989年の『教室』というドラマでもイジメ役を演じていた)。その一方、『聖者の行進』では人の良い心優しい人物を演じ、イジメ役とは逆の役柄を演じきった。

悪役を演じることが増えても、私生活では家族想いな父親であり、自分が暴力を振るったり、虐待するシーンになると「こういうことは絶対にやってはいけない」と、自らの演技を通して教育し続けていた。

『SMAP×SMAP』には初期の頃から準レギュラー出演しており、コントや企画物でたびたび出演する。

『ヒポクラテスたち』で共演した古尾谷雅人、内藤剛志とは親交が深い(2003年3月に古尾谷が自殺した際の葬儀・通夜・告別式では号泣した)。

2009年、次男に孫が誕生した。

出演

テレビドラマ

NHK

  • 男たちの旅路(1979年) - 川島敏夫
  • 大河ドラマ
 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。