お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

クチコミの「いいね」の数×100ptを、REC会員みんなで山分け!

川村ゆきえ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia


川村 ゆきえ(かわむら ゆきえ、1986年1月23日 - )は、日本のグラビアアイドル、タレント、俳優|女優。本名、川村 雪絵(読み同じ)。北海道小樽市出身。10-POINT所属。

略歴
三兄弟の末っ子 として北海道小樽市に生まれ、神奈川県横浜市と千葉県我孫子市で育つ。<!--学歴は一切不明。-->2003年4月11日に初グラビア撮影にて 芸能界デビューし、「週刊ヤングジャンプ・全国女子高生制服コレクション|制コレ2003」で準グランプリを受賞。その後、雑誌のグラビアページ|グラビア、写真集、DVDなどに出演。
2005年に当時所属していたラグスタープロモーションから10-POINTに移籍する。しかし、移籍問題 で芸能活動を1年半休止する。
2006年7月、脚本家である高田宏治の事務所「ジャパン・アート」内の新設セクション「プロダクションJ」へと所属事務所を移籍し、活動を再開。同年12月には映画『気球クラブ、その後』で女優デビューし、2007年4月より放映が開始された連続テレビ小説『どんど晴れ』(日本放送協会|NHK)で初めて連続ドラマに出演する。また、11月4日に『獣拳戦隊ゲキレンジャー』(テレビ朝日)、11月23日に『ULTRASEVEN X』(CBCテレビ)にゲスト出演した。
2008年3月9日から、『激走!GT』(テレビ東京系)で6代目激Gリポーター(司会者)を2009年3月8日までの1年間務めた。
一時期、モデル事務所のK-point (芸能プロダクション)|K-pointとマネージメント提携を行っていたが、後に解消し、所属事務所を再度10-POINTに移籍している。

人物
ホラー映画が大好き。大好きであるがゆえに、まだまだ今の(2011年時点)ホラーはピンとこないと語る。
恋愛でもちゃんと告白されたことがない、我慢できなくて自分から告白するタイプで、何事にも几帳面な人に弱い。つまり、いざというときに頼りになるような学級委員的な人がタイプ、逆に時間を守れない人には本気で怒鳴ることがあり、高校の卒業の寄せ書きではクラスの半分以上が「第一印象は超怖かった、でも付き合うと面白くてバカっぽいやつだったね。」と書かれた(雑誌『sabra』2004年、18号。当時18歳)。
『どんど晴れ』共演の比嘉愛未・白石美帆らと「仲居会」を結成し、頻繁に飲み会を行う。グラビアアイドルの河中あいとは親友であり、プライベートでのツーショットがブログに頻繁に登場する。『未来世紀シェイクスピア』に共演する宇野実彩子とは親交が深い、仕事や生活にお互いに支え合って、影響を与え合ってベスト・フレンド(Bestie)である。
スピードに対する恐怖心がほとんどなく、『激走!GT』では、GTマシンに女性タレントなどを同乗させて300km/h近い速度でサーキット走行する場合、他の女性タレントの多くが怖くて悲鳴を上げたり強烈な横Gに失神寸前になる場面が見られるが、彼女は時折笑顔を見せながらドライバーと会話をしたり、もっとスピードを出すよう煽ってみせるなど度胸のある面を見せている。
以前までは「漫画『ONE PIECE』のファンだと公言している」と書かれていたがNOTTVの『ソーシャル@トーク#エンダン』に出演した際、本当は20巻までしか読んでいないと暴露した。
グラビアアイドルらにも人気が高く、AKINA (歌手)|AKINA、愛衣、谷澤恵里香、階戸瑠李が川村ゆきえファンを公言している。宇多田ヒカルもファンの一人であり、雑誌 のインタビューではおすすめのグラビアアイドルとして川村の名を挙げ、川村のブログ「ゆっきーにっきー」を愛読していると語っている。

出演

テレビドラマ

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。