お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

割引公演チケット販売店舗 Tickets Today[チケッツトゥデイ]

伊坂幸太郎



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia


伊坂 幸太郎(いさか こうたろう、1971年5月25日 - )は、日本の小説家。

経歴
千葉県松戸市出身。千葉県立小金高等学校、東北大学法学部に入学。この時期の東北大学には、薬学部|薬学研究科に瀬名秀明、文学部|文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、後に小説家として著名になる人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。その後作家専業となる。宮城県仙台市在住。
2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、直木賞候補になった2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞した。
2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で直木賞候補となる。また本屋大賞において唯一第1回から第4回まですべてにノミネートされ、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で同賞を受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞した。なお同作で直木賞の選考対象となることを「執筆に専念する」ことを理由に辞退している。

受賞歴
* 1996年 - 第13回サントリーミステリー大賞佳作(『悪党たちが目にしみる』、大幅に改訂されて『陽気なギャングが地球を回す』として祥伝社から出版)
* 2000年 - 第5回新潮ミステリー倶楽部賞(『オーデュボンの祈り』)
* 2004年 - 第25回吉川英治文学新人賞(『アヒルと鴨のコインロッカー』)
* 2004年 - 第57回日本推理作家協会賞短編部門(『死神の精度』)
* 2006年 - 平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門
* 2008年 - 第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞(『ゴールデンスランバー』)

作風
* しばしば、作風が村上春樹に似ていると指摘されるが、本人曰く、直接的な影響は受けてはいないという。むしろ高校時代から大学時代にかけてのめり込んだという。
* 多くの作品間で舞台設定、登場人物や事件などのリンクがある。また、同名でありながら違うキャラクターとして、複数の作品に登場する人物もいる。これは夢枕獏や島田荘司らの作品からの影響である(手塚治虫の影響もある、とも)。
* 初期の作品では勧善懲悪のストーリーが殆どだが、著者14作目の「ゴールデンスランバー」を執筆したあたりからその傾向はあまりない。伊坂曰く「現実の問題っていうのはもっともやもやしていてシンプルなものではない。今までは、そのもやもやをせめて小説の中では払拭したいという気持ちがあったが、世の中は本当はそうじゃないということはちゃんと知っているという事を読者に知ってもらいたかったから」。
* 息子が1人いる。よく口喧嘩をするとのこと。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
【平日ステージ】S席(1階・指定席):7,000円
【土日祝ステージ】全席指定:7,000円
(税込)
2016年12月10日 (土) 〜
2016年12月25日 (日)
サンシャイン劇場