お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ホンキートンク



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

Image:WTN PeepHoles 176.JPG|thumb|right|250px|テネシー州ナッシュビルにあるホンキートンクのトゥッツィーズ・オーキッド・ラウンジ.
ホンキートンク(Honky tonk)は、カントリー・ミュージックを演奏するバー (酒場)|バーの一種。「ホンカトンク」または「トンク」とだけ呼ばれることもあり、20世紀のアメリカ音楽の様々な様式に付けられている。カントリー・ミュージックが人気であるアメリカ合衆国南西部およびアメリカ合衆国南部で一般的に見られる。ロレッタ・リン、マール・ハガード、パッツィー・クライン、アーネスト・タブなど多くのカントリーのレジェンドがアマチュア・ミュージシャンとしてホンキートンクで活動を始めた。
ホンキートンクの名の由来は不明である。ホンキートンクの成り立ちは大まかに、労働者階級の客に酒類を出す店で演奏されるアメリカ中の音楽からであった。ピアノ演奏または小規模のバンドに合わせたダンスをすることもある。カトリーナ・ハザード・ゴードンはホンキートンクについて「都会での安酒場の登場」とし、「その名は音楽のスタイルも表す」と記した。ホンキートンクという言葉は元々アメリカ合衆国西部(オクラホマ準州、インディアン準州、テキサス州)の粗野なバラエティ・ショーやその会場を指していた。ホンキートンク、サルーン、ダンスホールの違いは、特に西部の酪農、炭鉱、軍事要塞、油田の街でははっきりしていなかった。
音楽のジャンルとしてのホンキートンクが一般的になったのはラグタイムのピアノ演奏からであったが、メロディやハーモニーよりリズムを強調したものであった。よく調律されていない、調子はずれ、うまく機能しない鍵盤のピアノでの演奏から発展していった。このホンキートンクの音楽はブギ・ウギのピアノのスタイルに大きな影響を与えた。第二次世界大戦前、音楽業界ではテキサスやオクラホマから西海岸でのホンキートンクの音楽はヒルビリー・ミュージックと呼ぶようになった。1950年代、ホンキートンクはウエブ・ピアス、ハンク・ロックリン、レフティ・フリッツェル、ファロン・ヤング、ジョージ・ジョーンズ、ハンク・ウィリアムズなどの大ヒットにより黄金期を迎えた。

起源
ホンキートンクの名の由来は不明とされている。印刷物で確認できる最古のものは、1889年1月24日、テキサス州フォートワースの日刊紙『デイリー・ガゼット』で「メイン通りのホンキートンクの店の再開が議会へ申し立てられた」と記されたものであった。ただし大文字で書かれていたため店名であった可能性もあるが、その場合この店名は何を由来にしているのか不明である。
続いて1890年、テキサス州ダラスの『モーニング・ニュース』、1892年、テキサス州ガルベストン (テキサス州)|ガルベストンの『ガルベストン・デイリー・ニュース』(フォートワースでの成人向け施設について言及)、1894年、オクラホマの『デイリー・アードモアライト』で「ホンク・ア・トンク」との記述があった。初期の使用ではテキサス州ダラス/フォートワースからオクラホマ中南部の、カウボーイたちが牛を市場に運ぶロングドライブの通りからこの言葉が広がっていった。
「トンク」の部分はピアノのブランド名から来ているとされる。1881年創業の、アメリカのあるアップライト・ピアノの大きなメーカーは「ウイリアム・トンク&ブラザーズ」といって、ピアノに「アーネスト・A・トンク」と記載されている。1889年までにはこれらのピアノは製造されなくなり、またこの頃にはすでに「ホンキートンク」という言葉は使用されていた。1873年、ウイリアムとマックスのトンク・ブラザーズはトンク・ブラザーズ製造会社を創立し、ここから「トンク」の言葉が広がった可能性がある。
「ホンカトンク(honkatonk)」が初期に使用されたのは1900年の『ザ・サン (1833年創刊)|ニューヨーク・サン』で、以降他の新聞でも広く使用されるようになった。しかしこれは伝説や物語の記事であり、言葉の由来としては疑問が残る。

ホンキートンクの歴史
1929年7月28日、『ロサンゼルス・タイムズ』で『「ホンキートンク」の起源が語られる』の記事でソフィ・タッカーのミュージカル映画『::en:Honky Tonk (1929 film)|Honky Tonk 』の記事で以下のように記された:


ホンキートンクはディープサウスや南西部の労働者階級に酒類を出す店のカントリー・ミュージックから発展していった。音調の構成はクラシック・ブルースに関連しているが、ホンキートンクはややテンポが速い。またアフリカ系アメリカ人のダンスにリズムがよく合う。
1916年、クリス・スミスとチャールズ・マカロンはヒット曲『Down in Honky Tonk Town 』の中で「地下で全ての楽しみを見つけた」と記した。

確立の起源
言葉の起源は不明だが、西部の粗野なバラエティ・ショーやその会場のことを呼んでいた。ただし初期の頃はこの会場を「バラエティ・シアター」、ショーは「バラエティ・ショー」と呼んでいた。これらの会場はバーが備えられ、ギャンブル場が設置されていることもあった。
開拓時代が終わり長い時間が経過した回想において、ワイアット・アープやE・C・アボットなどは1870年代から1880年代のカンザス州、ネブラスカ州、モンタナ州などの酪農の街でのホンキートンクについて言及した。彼らの回想には下品で暴力的なショーについても含まれていた。しかしこれらのショーはハーディ・ガーディと呼ばれ、これが「ホンキートンク」の由来になった可能性もある。大道芸などで演奏される手回しオルガンのことも「ハーディ・ガーディ」と呼ばれることもあった。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
全席自由(前売):1,000円
500円割引!1,000円 → カンフェティ席500円!(税込)
2016年12月9日 (金)
ハイジアV-1