お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

コンパス



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

コンパス(蘭: passer、英: compass)は、円を描いたり、線分の長さを移すのに用いる文房具・製図器具である。中心機構で接し自由な角度に開閉できる2本の脚からなる。ぶんまわし(規、ぶん回し)、両脚器(りょうきゃくき)、円規(えんき)ともいう。また、かつて根発子(コンハッス)と宛字されたこともある。

「コンパス」の原語はオランダ語の kompas であるが、これは現代オランダ語で方位磁針のことを示す。近代オランダでは passer と言う。

コンパスは円周を描くために必須の道具ではなく、『支点とそこから等しい距離を維持したまま移動できる状態の筆記具』(例: 輪になった紐とペン、それから針もしくはあるいは棒、画鋲など)があれば代用ができる。

日本の学習指導要領では小学校第3学年で扱い始める。

構造

中心機構

中心機構は、2本の脚が接する角度を調整する。

簡便なものは中心機構のみが可動で、それぞれの穂(脚の先)は紙に斜めに接する。製図用コンパスは、精度を上げるため、それぞれの脚の中間でも曲がり、紙に垂直に接するようにできる。

伸縮可能な脚もあり、コンパクトでも、大きな円を描くことができる。

片方の穂(脚の先)は針になっていて、紙などに軽く突き刺して固定する。

基本的には、もう片方の穂が筆記具となっており、固定端を中心とした円を描ける。穂には、次のような機構がある。

アタッチメント
以下の任意の穂先を取り付けることができる。
芯ホルダー
直径2mm程度の黒鉛芯などを取り付ける。
カラス口・製図ペン

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。