... ウルトラマンゼロ | Confetti [チケット情報満載]

お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ウルトラマンゼロ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ウルトラマンゼロは、円谷プロダクション|円谷プロ制作の特撮作品のシリーズ (作品)|シリーズ『ウルトラシリーズ』に登場する、架空のキャラクター。2009年公開の映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』で初登場した。

概要
ウルトラセブン (架空のキャラクター)|ウルトラセブンの実子である若きウルトラ戦士で、若き最強戦士とも呼ばれる。外見もセブンに非常に似ているが、体色は上半身が青、下半身が赤という、M78星雲光の国のウルトラマンでは見られない基調をしており、頭部にはセブンのアイスラッガーと同型の武器ゼロスラッガーが2本装着されている。目付きは鋭くなっており、胸にはカラータイマーがある。セブンゆずりの光線技や、師匠であるウルトラマンレオ#ウルトラマンレオ|ウルトラマンレオから教わった宇宙拳法を駆使して戦う。K76星での修行の成果か戦闘力はかなり高く、並の怪獣なら一対多数でも苦もなく倒してしまうほどの強さを誇る。
型にはまった窮屈さを嫌う自由奔放な性格で、少々荒っぽい面もあるが、岩塊に潰されそうになるピグモン#『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するピグモン|ピグモンを守るなど、心の奥底には優しさもある。戦闘中に親指で唇を拭う癖がある。「2万年早いぜ!」を始めとする過激な物言いなど、敵に対しては辛辣な言動をとることも多いが、その一方で、例え卑怯な手段を使った敵に対しても倒した後は決して侮蔑しないなど、戦士としての礼儀も持ちあわせている。また、『ウルトラマンサーガ』における自分を拒否するタイガ・ノゾムとのやりとり、『ウルトラマン列伝』でのコメディエピソード放送後のコメントなどではツッコミを入れる場面も散見され、戦いを離れた場では若者ならではの砕けた性格であることがわかる。
高い素質を秘めているがその若さゆえに未熟な面もあり、当初は自分の実力を過信するあまり力に対する欲求も強く、強い力を手に入れるために故郷の規則を破り追放される事もあったが、レオとの修行やウルトラマンベリアルとの戦いを通じて「本当の強さ」の意味を見出して成長し、過去の過ちを教訓として#ストロングコロナゼロ|ストロングコロナや#ルナミラクルゼロ|ルナミラクルなどのそれらの経験で得た自分の「力」に対して慎重な考えを示すようになった。後の戦いでも様々な試練や仲間達との出会いを経て、ウルトラマンとして心身ともに目覚ましい成長を遂げていく事となる。しかしゼロは昔、光の国で強さに憧れて、プラズマスパークに手を出した為、M78宇宙警備法を破った罪として、追放されたことが、初登場した映画、大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THE MOVEで明かされた。
セブンのことは「親父」と呼んでいるが、自身がセブンの息子という事実を知らされる直前まではセブンのことを呼び捨てしていた。師匠のレオも呼び捨てし、先輩に当たる他のウルトラ戦士達に対しても二人称は「あんた」、基本的にはタメ口で接している。しかし、ゾフィー (ウルトラシリーズ)|ゾフィーのことは「ゾフィー隊長」と呼び、ウルトラの母に対しては少しだけだが敬語を使ったり(『ウルトラゼロファイト』第二部)、ウルトラマンG#ウルトラマングレート|ウルトラマングレートのことを「グレート先輩」と呼んだりする(『ウルトラマン列伝』第100話)など、上司や先輩達に対する礼節も徐々に身につけてきている。
光の国からの追放処分が解けた後も、ダークロプスゼロとの戦いなどで宇宙警備隊として活動していたが、アナザースペースでの戦いで出会い、ともに戦った仲間達と新たな宇宙警備隊(ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国#ウルティメイトフォースゼロ|ウルティメイトフォースゼロ)を結成して以降は、アナザースペースに滞在して彼らとともに活動し、またK76星・怪獣墓場のピグモン#『ウルトラゼロファイト』に登場するピグモン|ピグモンたちとも友情を築いている。ウルティメイトフォースゼロはゼロが設立したが、彼自身がリーダーという訳ではなく、ピグモンに関しては基本的にゼロが守ったり救う立場にあるが、同時に自らの迷いを取り払ってもらう場面もあり、ウルティメイトフォースゼロ、ピグモンともにその関係は対等である模様。一方でベリアルとは最初の戦い以来幾度となくぶつかり合う宿敵となり、いずれの対決もゼロが勝利するがそのたびに互いに様々な影響を及ぼすなど、一概に敵対するだけとは言い難い因縁を持つようになる。ほかにも、別宇宙で出会ったウルトラマンダイナ#ウルトラマンダイナ|ウルトラマンダイナとウルトラマンコスモス#ウルトラマンコスモス|ウルトラマンコスモスなど、M78星雲やアナザースペースの仲間達以外でも訪れた先の惑星、宇宙などで積極的に独自の交友関係を築いている。
母親はM78星雲|光の国の宇宙科学技術庁にいた女性科学者との情報があるが、現在の行方などについてはまだ調査中。

登場作品

テレビシリーズ
*『ウルトラマン列伝』(2011年-2013年)
**『ウルトラゼロファイト』(2012年-2013年)
*『ウルトラマン列伝#新ウルトラマン列伝|新ウルトラマン列伝』(2013年-2016年)
**『ウルトラマンX』(2015年)
* 『ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE』(2017年)

劇場版・オリジナルビデオなど
*映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(2009年)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
先着限定!1階席:4,200円 → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)
2017年1月28日 (土) 〜
2017年1月29日 (日)
AiiA
2.5
Theater
Tokyo