お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

故林広志



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

故林 広志(こばやし ひろし、1966年8月31日 - )は、日本のコント作家、脚本家。本名、高橋 哲郎(たかはし てつろう)。既婚。

経歴

京都市生まれ。立命館大学文学部英米文学専攻在籍中に松竹芸能企画ブレーンに参加。1991年から劇団MONOの土田英生、水沼健らとのコントユニットGOVERNMENT OF DOGS で、台本・演出を手掛ける。1997年に東京に移り、松尾貴史やナイロン100℃の作品に脚本で参加。1998年には故林広志prd.を立ち上げ、演芸と演劇を融合した脚本・演出・プロデュースを行なう一方で、TV・ラジオなどの構成や脚本を提供する。日常の捉え直しを下地とした発想法・会話論による笑いを展開。2009年には東京ヴォードヴィルショーの大森ヒロシとプロデュースユニット「大森そして故林」結成。

「作家養成会議」などのワークショップを定期的に開催し、プロ・アマチュアを問わずコントを使いさまざまな要素によって基礎から実演までを指導している。俳優のワークショップからコントユニット親族代表(第1期コントサンプル)、お笑いコンビTHE GEESE(第3期コントサンプル)を輩出。

その他、日本劇作家協会の戯曲セミナー・ENBUゼミナールなどの講師を歴任。

また、法政大学をはじめ複数の大学で英語講師も務める。

人物論

ワークショップでは、自身の創作の原点となった70s以降の笑いや落語、現在の海外ドラマなどを例に指導をしている。ラジオや音楽に言及することも多く「故林広志」という筆名は自身の敬愛する忌野清志郎の名前を基に付けたという(本人談)。学生時代に傾倒した不条理劇からの影響も大きい。近年は大学の授業などで、会話教育やコミュニケーションにおける演劇的アプローチを推進している(故林広志HPより)。

ラーメンズとはライブ企画「Paper Comedian」以来親交がある。

プロデュース公演のフライヤーは自らデザインし、毎日新聞東京版のカット(木村万里のお笑い昆虫記)や、連載していた雑誌のコラムのイラストは自身が描いている(『劇の宇宙』では4コマ漫画を連載)。

舞台関連

  • 「コントユニット GOVERNMENT OF DOGS」脚本・演出・出演
  • 「立川志の輔 新作落語独演会」脚本
  • 「タイタン(GO・JO)脚本」
  • 「ナイロン100℃ ザ・ガンビーズショー」脚本
  • 「G2プロデュース 超老伝」「AGAPE store 超老伝2000」脚本
  • 「コントユニット 親族代表」脚本・演出・プロデュース
  • 「当時はポピュラー1〜5」脚本・演出

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。