お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

なだぎ武



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

なだぎ 武(なだぎ たけし、1970年10月9日 - )は、日本のコメディアン、お笑いタレント、漫談家、俳優である。本名、灘儀 武(読み同じ)。

大阪府堺市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。2007年、2008年のR-1ぐらんぷりで史上初の2連覇を成し遂げた。元々はお笑いコンビスミス夫人、のちにお笑いグループザ・プラン9の元メンバーであり、現在はピン芸人。ザ・プラン9の中で最年長かつ最も芸歴が長かった。

来歴・人物

生い立ち

大阪府堺市に出生。

著書によれば、青春時代にいじめや引きこもりを経験した。

小学校低学年では活発で運動神経がよく人気者だったが、学年が上がるにつれ同級生に違和感を覚えて距離を取るようになった。小学校卒業間際からは肥満児となりいじめに遭うようになる。中学2年生になる頃には更にエスカレートし、なだぎの弁当に砂を入れる、殴る蹴るの暴行を加え、なだぎの顔をトイレの大便器に突っ込む等、常軌を逸した凄惨な内容になった。しかし小学生時代に塾をサボった時、父親に初めて殴られ「嘘だけはつくな」と諭された経験や、いじめをする同級生を許すことで精神的優位に立とうという気持ちから、学校を休むことはしなかった。中学3年では身長が伸びて普通体型になったことや、いじめの首謀者とクラスが離れたことからいじめはなくなったが、人との交流が不得手になっていたため孤独に過ごすことは変わらなかった。高校には行かずにメッキ工場に就職したが、単調な毎日と目標のない自分に葛藤を覚え、半年ほどで退職した。その後小学生時から憧れていたテレビの世界に入りたくて、芸能事務所のタレント募集に応募。書類審査を通過したが、面接試験には会場まで行くもあまりの緊張に逃げて帰ってきたことを契機に引きこもるようになる。

引きこもりの時期は部屋にこもって、小学生時に交流のあった大学生からもらった音楽や本を手当たり次第に聴いたり読んだりして、学校で学ぶものよりも重要なものを得ていると思うことで自分を肯定していた。しかし、そういった生活を親に申し訳なく思う気持ちから母親が部屋に届けてくれていた食事にも手を付けなくなり、飲み物と果物以外のものを口にしなくなった。ある時、鏡に映った病的に痩せ細った自分の姿に驚いて病院へ行くと、担当医から「このままでは死ぬよ」と言われたことや、引きこもっていた時期に読み耽ったジョージ秋山の漫画や吉田拓郎の歌に衝撃を受けたことが引き金となり、挫折や負の感情をも受け入れる決意。闇の世界から脱却する一歩を踏み出すことにした。

17歳の正月に初めて観た「男はつらいよ」の主人公の車寅次郎の伸び伸びとした生活に憧れ、流れに身を任せる気になり、母親の勧めでラーメン店でアルバイトを始めた。しかし仕事中の怪我がきっかけでアルバイトも辞め、かつて観た映画の舞台である広島の尾道にひとり旅をした。その際に食中毒で倒れていたところを旅館の女将さんに助けてもらい、そこでのふれあいが人嫌いを直すきっかけになる。

芸人を目指すきっかけ

NSCの生徒募集を知ったなだぎは一人で受験する自信がなく、幼なじみでかろうじて付き合いのあった松村博司の履歴書を勝手に書いて申し込んだ。書類審査を通過してから何とか松村を説得し、NSCへ入学。しかし授業のネタ見せでは全然笑いが取れず、同期のFUJIWARAや千原兄弟、バッファロー吾郎といった圧倒的な才能の前に、プロの芸人になる自信は持てなかったが、引きこもりから脱却する経験として一年間を過ごすことにする。

しかしその頃知り合い恋心を抱くようになった女性に、「灘儀くんが芸人になったら、私みたいな醒めた人間でも笑かすんやろね…」と言われた横顔を見てお笑いに対して夢を抱いた。その女性が実は緑内障で失明する可能性もあるため、実家の高知に帰り治療を受けると聞かされ、「治ったその目で、俺が芸人になった姿をいつか見てほしい」と言い、自分の目の前のものに全力で向き合うことを決意した。

スミス夫人

1989年の4月、当時18歳だったなだぎは、大阪NSCの8期生として加入し、同年8月に同期の松村博司とスミス夫人を結成した(当時は本名のまま活動)。このコンビ名はヒッチコックの数少ないコメディ作品『スミス夫妻(Mr. and Mrs. Smith)』(1941年)からつけられたものである。

コンビ当時は「自分の顔をプリントしたTシャツを着て現れる」などといった変人キャラを演じる松村に対してなだぎが容赦なくツッコミを入れるが、松村はそれを無視するかのように延々とボケ続けるというスタイルのコントが多かった。シュールで奇天烈なキャラの松村とマシンガンのようなツッコミを繰り出すなだぎのコントラストが受けていたが、うめだ花月での大スベリをきっかけに劇場の出演が減り、2001年に解散した。なだぎはこの解散について後にナインティナインの番組「99プラス」(2008年3月25日放送)にて、「自分から松村へ(解散を)切り出した」と公言した。一旦は芸人引退を考えたがケンドーコバヤシやバッファロー吾郎や中川家に説得されてピン芸人で活動することを決意する。

同じくザ・プラン9のメンバーである浅越ゴエとは1997年12月のオールザッツ漫才の一回戦で、お互いに当時組んでいたコンビ同士で対戦した経験がある(浅越は当時「デモしかし」というコンビを組んでいた)。

()

ザ・プラン9


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。