お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

田中芳樹



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia


田中 芳樹(たなか よしき、1952年10月22日 - )は、日本の作家。本名は田中美樹(たなかよしき)。日本SF作家クラブに所属。<!-- http://www.sfwj.or.jp/member/INDEX.html#member-t -->

来歴
熊本県本渡市(現天草市)出身。1歳のころ熊本市に移住、熊本学園大学付属中学校・高等学校|熊本商科大学付属高等学校を経て、学習院大学文学部・国文学科卒業、同大学大学院博士課程(国文学)修了。代表作は『銀河英雄伝説』『創竜伝』『アルスラーン戦記』の三長編。スペースオペラからファンタジー、現代を舞台とした小説、南北朝時代 (中国)|南北朝時代以降から南宋付近までの中国を舞台とした小説を発表している。
1978年に李家 豊(りのいえ ゆたか)名義で応募した『緑の草原に…』で雑誌『幻影城 (雑誌)|幻影城』の第三回幻影城新人賞(小説部門)を受賞し、作家としてデビューした。1981年には、初の長編『白夜の弔鐘』を発表。冷戦下の日本の小説にしては珍しく、旧ソ連側、KGBが善玉になっている。
1982年から田中芳樹名義で、スペース・オペラと歴史小説とを融合した作品『銀河英雄伝説』シリーズを発表し、一躍人気作家となる。同作品は1988年に星雲賞日本長編部門を受賞した。『銀河英雄伝説』はアニメ化、ゲーム化され、発表後30年以上経った現在でも根強い人気を保っている。『創竜伝』や『アルスラーン戦記』などの長編のシリーズを発表する一方、『アップフェルラント物語』などの冒険小説やミステリ小説、『風よ、万里を翔けよ』などの中国物小説を単発で発表してもいる。
遅筆で有名な作家でもあり、第1巻の初刊行より15年以上経過しているにもかかわらず未だ完結していないシリーズ作品が多数存在し、自らの手で完全に完結させたシリーズは『マヴァール年代記』『夏の魔術シリーズ』『タイタニア』程度である。これについては、作家としての刊行ペースそのものは年平均1〜2冊と普通であり(ただし、同ジャンルでシリーズ物を手がける作家として寡作である)、また他の作家にもシリーズ中断作品が数多くある中、田中芳樹の場合だけ殊更問題とするのはおかしいとする擁護意見もある。
最近では、『自転地球儀世界』『KLAN』『灼熱の竜騎兵』など、1〜2巻だけ発表した後長期間放置していたシリーズの続編を、田中自身は原案に退き他の(若手)作家に執筆を任せることも多い。ただし、この形態が導入されているシリーズ作品でも続巻が中途で途絶えているものがほとんどで、シリーズ完結までに至っているのは『KLAN』のみである。

人物
愛読書は、ジュール・ヴェルヌの作品を中心に、アイザック・アシモフの『暗黒星雲のかなたに』やエラリー・クイーンの『Yの悲劇』など。
最初のペンネームを「李家豊」に決めた理由は、ラ行で始まる日本人の苗字が少ないため。しかし、頻繁に読み方を聞かれたり、中国人に間違われたため、本名と同音異字の「田中芳樹」に変更した。
『戦国魔神ゴーショーグン』のファンである。仕事の打ち合わせで熊本から上京した際、同じ雑誌で執筆していた同郷の梶尾真治を呼び出し、新宿の映画館で当時公開中だった『戦国魔神ゴーショーグン#劇場版』を鑑賞したエピソードを残す。(ちなみに田中と梶尾はこれが初対面だったという)

受賞歴
* 1972年『黒竜潭異聞#寒泉亭の殺人|寒泉亭の殺人』が学習院輔仁会雑誌|学習院大学輔仁会雑誌198号の第4回輔仁会雑誌賞に入選する。
* 1978年『緑の草原に…』が雑誌『幻影城』で第3回幻影城新人賞小説部門受賞。
* 1988年『銀河英雄伝説』が星雲賞日本長編部門を受賞。
* 2006年『ラインの虜囚』が第22回うつのみやこども賞(栃木県宇都宮市の市立図書館が主催する文学賞)を受賞。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。