お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

渡辺真知子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

渡辺 真知子(わたなべ まちこ、1956年10月23日 - )は、日本の歌手、女優、シンガーソングライター。本名、渡邉 真知子(読み同じ)。神奈川県横須賀市出身。一般にニューミュージックに分類される。緑ヶ丘女子高等学校、洗足学園短期大学卒業。

来歴・人物

1975年、高校生時代にヤマハポピュラーソングコンテストに「PIA」というグループで参加したが、エントリー時はすでにソロ活動を行っていた。『オルゴールの恋唄』で審査員特別賞(川上賞)を受賞。

1977年にデビュー。松任谷由実や中島みゆきなどの次の世代のニューミュージックシンガーとして、声楽出身の豊かな声量で人気を博し、数々のヒットを生んだ。

それ以前の世代のフォーク・ニューミュージック系のアーティストと異なり、テレビやラジオにも積極的に出演。アイドル歌手に近いような扱いを受けることもあった。 編曲は、初期は船山基紀が一手に引き受けた。歌謡曲的な要素もふんだんに取り入れたシングルは、ニューミュージックの歴史の中でも代表的な作品群であり、同時に船山にとっても代表作といえる。

天真爛漫な人柄で知られ、テレビ出演時の軽快なトークで人気を集めた。書道は八段の腕前で、NHK「ふたりのビッグショー」で「海」という作品を紹介している。

後年、『速報!歌の大辞テン』で渡辺のVTRが紹介された時、ゲストの工藤静香も「渡辺さんに憧れます」と語っている。

2010年4月15日には、自身のブログで、「2010年4月22日に、小澤音楽事務所を離れ、個人事務所を設立する」旨の発表を行った。

エピソード

  • デビュー当時、スターダムに上がってきたころ、渡辺が地元の沿線である京浜急行電鉄に乗車し、座席の前で立っていた時に、その目の前の座席に一人の20歳前後の男性が帽子を目深に被って泣いており、何やら口ずさんでいる様な感じであったが、渡辺が耳を澄ますと、その口ずさんでいた歌は渡辺の“迷い道”であった(その歌自体が失恋めいたものをモチーフにしている)。
  • デビュー当時、「明星」「平凡」といったアイドルのグラビア雑誌が花盛りであった。渡辺はそこに水着での出演オファーが有ったが、「顔と声以外は自信がないので」との理由で断っている。
  • プロ野球球団の千葉ロッテマリーンズのチームキャラクターが「カモメ」であるのを理由に、2007年から本拠地の千葉マリンスタジアムでのゲーム中(主に8回裏に入る前)に、「かもめが翔んだ日」が流されるようになり、ファンから絶大な支持を得ている。2007年7月3日の対オリックス・バファローズ戦では、渡辺真知子がスペシャルゲストとして迎えられ、試合開始前に国歌斉唱を行い、試合終了後に「かもめが翔んだ日」を熱唱した。尚、試合が11回まで延長したため、時刻が22時30分を過ぎたが、遅い時間になったにもかかわらず終始試合を観客席で観戦し、終了後に歌い上げた。また、これを聞いた観客が大いに盛り上がり、その後にアンコール、さらには「まちこ」コールまで起こり、予定外だったアンコールを行い、再び「かもめが翔んだ日」を熱唱した。その後10月7日(クライマックスシリーズ・第1ステージ開催前日)にスタジアムに隣接する特設会場で行われた決起集会という舞台で果たし、集まったロッテファン約9,000人の前での熱唱となった(渡辺は、翌日(10月8日)の試合開始前に国歌独唱も行った)。
  • 1992年の2時間ドラマ「家族さがし」にも出演している。このドラマは、孤独な老人たちへの心の満足を提供する家族斡旋業「レンタル家族」を舞台としたラブストーリーであり、渡辺真知子は2人の子持ち役、身重という設定の役柄を演じている。渡辺真知子がライブで花束を貰う格好をみて、演出者が「この人しか居ない!」と思ったことが縁となって、このドラマへの出演がきまった、という内容の話を、真知子本人がライブで話したことがある。
  • 渡辺真知子のラジオ番組『アフタヌーンパラダイス』(FM世田谷)で、「編曲者の船山基紀に褒められた曲として、以下のエピソードを交えながら「うみなり」、「メモリーズ」、「たかが恋」の3曲を挙げている。
  • 「うみなり」は、船山自身が全体的に気に入っており、かつ、船山自身による前奏のギターのアレンジにも高評価を下していた。
  • 「メモリーズ」は、学生時代の友人が社会人になって成長しているのに、真知子自身はひたすらスケジュールをこなして作詞作曲に忙殺されて消耗しきっていることに不安を感じ、また、その不安を口にすることもできない、という当時の心境が反映された曲である。このことから、曲全体が暗いイメージで作られているが、すべて暗いままではなく、「希望」を感じさせる箇所を意図的に入れている。ただし、歌詞には「希望」の箇所を入れることができず、代わりに、「あの人との今はもうメモリーズ」の「あの人との」の箇所をメジャーコードに展開した。船山からは、曲全体を暗くせずメジャーコードで展開した箇所を入れたことを非常に褒められた。
  • 「たかが恋」は、曲全体がずっと暗いままであり、メモリーズとは異なり明るい箇所はない。にもかかわらず、船山からは、伊藤アキラの歌詞によくぞこの曲をつけた、よくやった!と、頭をモジャモジャッとされたぐらい褒められた曲である。
  • また、「かもめが翔んだ日」について、以下のエピソードを明かしている。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:7,000円(税込)
2017年11月1日 (水)
東京国際フォーラム
ホールC