お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

山崎ハコ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山崎 ハコ (やまさき はこ、1957年5月18日 - ) は、日本の歌手、シンガーソングライター、女優、文筆家。本名、安田 初子(やすだ はつこ、旧姓・山崎)。

経歴

大分県日田市出身。父親の仕事の関係で、中学生の途中から卒業までを祖母と日田市で暮らす。卒業後、両親の待つ横浜へ。

横浜学園高等学校在学中、コンテストに出場がきっかけで1975年にアルバム『飛・び・ま・す』でレコードデビュー。150センチあるかないかの小柄で痩せた体躯からは想像もできないパワフルな声量・表現力を誇る歌唱と、暗く鋭く愛から社会を抉る歌詞で、デビュー当時は「中島みゆきのライバル」と云われた。

1975年12月、TBSホールの『パック祭り』に出演。大反響となり、TBS『パックインミュージック』を中心に「深夜放送のマドンナ」と称される。1979年4月〜80年3月 ニッポン放送『オールナイトニッポン』火曜日のDJを担当。その後もリリースやコンサート活動を続け、女性フォークシンガーとして活躍する一方で、エッセイの執筆、演劇出演など多彩な活動を行う。現在も全国のライブハウスを渡り歩くなど、精力的に活動している。

以前から慢性膵炎の持病を抱えており、「酒・タバコどころか(膵臓に負担過大のため)コーヒーなども口にできない」という体質である。また活動拠点をずっと横浜に置き続けているのも、彼女のこだわりである。

永年独身を通していたが、演奏・作編曲など長く仕事を共にしたギタリストの安田裕美と2001年に結婚。結婚後も良好な公私のパートナー関係であり続けている。

箱女

日本テレビ『進ぬ!電波少年』の企画「電波少年的箱男」で、箱男・川元文太を励ますために楽曲を提供した。彼女が選ばれた理由は名前が「ハコ(=箱)」だから。彼女が作った曲はのちにひきこもりの若者を励ます歌として番組内で室井滋が歌う企画があった。

その他のエピソード

  • 『呪い』についてはラジオ番組『大槻ケンヂのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、変な曲を紹介する「かっちょいい曲」コーナーで紹介されて盛り上がったという経緯があったが、大槻は山崎について、明るくて良い人と言っている。また本作は漫画『ちびまる子ちゃん』でも採り上げられた事があり、テレビアニメでは2002年7月7日放送の「まる子、フォークコンサートへ行く」の巻で本人自身の役で声優を務め、一回限りのエンディングテーマとして使用された。また、2012年には、大友康平バージョン(実際は山口智充の物真似)が、『リンカーン』のDJ山口のホラーナイトリンカーン(8月14日放送分)で放映された。
  • 携帯電話公式サイト週刊モバイルよむ!で、ハコスタイルの原点、自身の幼少時代を赤裸々に明かし、さらに活動を広げている。
  • 1998年に所属事務所が倒産したことで一時期ホームレスにも近い極貧生活をしていたこともある。その為にマネージメント、所属事務所、営業活動などは全て自分で行い、生活のためにアルバイトで生計を立てていた。しかし、バイト先の有線放送でたまたま自分の曲がかかったときに「自分は歌わなくてはいけない」と本格的な歌手復帰を決意し、2008年に完全復帰を果たし、新曲「BEETLE」を発売することが決定した。
  • 1997年に「わっしょいニッポン」が『みんなのうた』で放送されたことがある。

レコード・CD

シングル

※ シングルの発表年は原則として公認webサイトのプロフィールを参照した。

アルバム


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。