お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

柳家小満ん



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

柳家 小満ん(やなぎや こまん)は、落語の名跡。当代は3代目。他にも柳家小まん、つるが小まん、菅の家小まんなどが確認されている
* 柳家 小まん - 後の三遊亭桃生(堀江元次郎)。
* 初代 柳家 小まん(1856年3月 - 没年不詳) - 元芸者で明治10年代前後から寄席に清元で出演、大正初年頃まで確認出来る、没年不詳。本名は金沢まん。
* つるが 小まん(生没年不詳) - 後の2代目鶴賀鶴賀斎。本名不詳。
* 初代 柳家 小まん(1873年1月 - 没年不詳)古今亭今坂(梅村竹次郎)の娘で2代目富士松ぎん蝶の門で小ぎん、古今亭今輔 (2代目)|2代目古今亭今輔の門で小今、柳家枝女寿、1895年3月に柳家小さん (3代目)|3代目柳家小さん門で柳家小春、1897年頃に柳家小三代、1902年から1903年頃に初代柳家小まん、大正初年には寅派の哥澤寅小満を名乗った。常盤津から清元まで幅広芸風であった。没年不詳昭和初期頃。本名は梅村わか。
* 2代目 柳家 小満ん(1892年9月2日 - 1972年6月29日) - 最初は天狗連で浜九里という。最初大正初期に三遊亭圓遊#2代目|2代目三遊亭圓遊の門で遊喬(ただし確証は無し)、長らく10幾年の旅巡業の末に妻と結婚し子供が生まれたため東京に戻り蝶花楼馬楽|4代目蝶花楼馬楽(後の柳家小さん (4代目)|4代目柳家小さん)の門で蝶花楼花蝶、1934年(昭和9年)11月に小満んとなる。主に百面相を演じた。目が悪かったという。昭和30年ごろまで高座に出たが目が一段と悪くなり引退したという。実子は柳家小せん|4代目柳家小せん。本名は飯泉真寿美。

3代目 柳家 小満ん(やなぎや こまん、本名:栗原 理(くりはら おさむ)、1942年2月17日 - )は、落語協会所属の落語家であり、神奈川県横浜市生まれ。横浜市立金沢高等学校卒業、東京農工大学中退。出囃子 (落語)|出囃子は『青海波』。

略歴
* 1961年5月 - 桂文楽 (8代目)|8代目桂文楽に入門し桂小勇を名乗る。
* 1965年3月 - 二つ目昇進。
* 1971年12月 - 師匠文楽死去に伴い柳家小さん (5代目)|5代目柳家小さん一門に移籍。
* 1975年9月 - 真打昇進で3代目小満ん襲名。

得意な演目
* 『宮戸川』
* 『居残り』
* 『柳田格之進』
* 『文七元結』
* 『寝床』

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
【整理番号付・税込】
全席自由:2,700円
全席自由:3,000円(7月09日(日) 14:15の回のみ)
2017年7月1日 (土) 〜
2017年7月23日 (日)
なかの芸能小劇場