お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

伊波杏樹



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

伊波 杏樹(いなみ あんじゅ、1996年2月7日 - )は、日本の女性声優、女優。

ソニー・ミュージックアーティスツに所属。埼玉県出身。

愛称はあんちゃん。Aqoursのメンバーでもある。

略歴

代々木アニメーション学院出身。

ソニー・ミュージックアーティスツ主催のオーディション・第2回「アニストテレス」の「準グランプリ」「審査員特別賞」を受賞して、芸能界入りした。

自身の芸能界でのデビュー作は舞台女優としてであり、2013年出演の舞台『大正浪漫探偵譚』。その後、2013年、短編の劇場アニメ『陽なたのアオシグレ』で主人公(陽向役)を演じて声優デビュー。以後、舞台女優、声優の両面で幅広く活動。

2015年、『ラブライブ!サンシャイン!!』の主人公・高海千歌役での出演が決まり、Aqoursとしての活動を開始。この作品が、自身初めてのテレビアニメのレギュラー作品となった。

人物

中学生のとき、テレビアニメ『CLANNAD』に出会い、声優を志すようになった。中学校卒業時に、父親の後押しを受け、声優の専門学校のオーディションに参加。結果として、準グランプリと特別審査員賞を受賞し、声優を目指すきっかけとなる。なお、声優を志した理由として、「人を感動させられる芝居がしたいと思ったから」「声のみで芝居ができるので、自分の外見を気にせずに、すごく自分に合ったスタンスでお仕事、お芝居ができると思ったから」ということを挙げている。専門学校では芝居を徹底して教えられるため、「女優も声優も歌手も、みんな役者」であり「これが自分がしたかったことだ」と気づく。このことから「役者であること」が「私の絶対にブレさせたくない軸」になったという。

自身の声優観として、キャラクターと同じ気持ちを感じたくて役者になったため「役に対して真摯に向き合いたい」、「私は常に自分の演じている人物が生きている世界に行きたいし、そのこと同じように見て感じたい」「身体表現があってこそ、声の芝居がより活きる」という考えを持っている。これは、声優の活動と並行して取り組んでいる舞台女優としての活動、及び、中学校時代から取り組んできた空手から学んだことであるとのことであり、特に「感情を開放する(普段は出さない自分の感情を出す)」ことは、空手から学んだことであると述べている。このようなことから、自らが培ってきたことは、「演じる人物とリンクをした上でその世界を生きる、という姿勢へと活かすことができる」ということを述べている。また、活動に対する姿勢として、「これまでに私に少しでも関わってくださった全ての方たちへの感謝の気持ちを大切にしたい。私に出会ってくれていなかったら、今の私はここにはいないと日々思っているから」」ということを述べている。

このことに加えて、自身が心掛けていることとして、「自分なりのイエス・ノーをちゃんと持っていたい。自分の中に『芯』を持つ人間でありたい」「好きなものに対して嘘をつきたくない。だから、ノーをイエスに変える勇気を常に持てることを心掛けている」ことを挙げている。

自身の声優人生において、デビュー作にして主役を演じた劇場アニメ『陽なたのアオシグレ』にて、「現場に出てみないと分からない怖さや楽しさ、経験をさせて頂いたこと。自分ひとりで完成系まで仕上げることが声優の仕事であることを学んだこと」が、原点になっていると述べている。この経験は、自身初となるテレビアニメでのレギュラー作品『ラブライブ!サンシャイン!!』の高海千歌役にも生きているという。

自身の目標として、「自分の演じるキャラクターが生きてきた証をお芝居で表現したい」「自分の演技や活動によって、いろんな人に驚き、感動、笑顔を与えられる役者になりたい」「キャラクターたちの背景、感情そのすべてを感じ取り、自分の芝居に昇華したい。それができるように、自分の人としての生き方をしっかり考えて吸収し続けていきたい」と述べている。

座右の銘として、「日々精進」」を挙げている。

自身の特徴として、「マイナス思考」「さっぱりしている」「目力が強い」「ほわほわしている」と述べている。人物的特徴として、Aqoursのメンバーである逢田は、「リーダーシップの塊。誰もが認めるリーダー」、斉藤は、「すごく頼れる存在で、いるだけで空気が引き締まる感じ」と述べている。また、逢田、斉藤のいずれも、伊波について「公私両面で、いつも全力でぶつかってくれる」(逢田)」、「シンプルだけど自分にとってヒントになるすごくよい言葉を言ってくれる」(斉藤)」ことから、「自分にとって、尊敬の塊。活動における心の支え」」という趣旨の発言をしている。

影響を受けた人物として、黒木瞳を、憧れの人物として、平野綾を、それぞれ挙げている。好きな音楽として、「ロックテイストのような、パンチの効いた洋楽」を挙げている。

好きなことは、「歌うこと」「泳ぐこと」「身体を動かすこと」。特技として、「空手の回し蹴り」を挙げている。自身の習慣として、「腹筋」を挙げている。自身のイメージカラーとして、「ショッキングピンク」を挙げている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。