お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

石原慎一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

石原 慎一(いしはら しんいち、1960年5月26日 - )は、山梨県甲府市出身の歌手兼俳優、声優。血液型はA型。愛称は慎ちゃん等。

経歴・人物・エピソード

幼い頃より、キーボードなどの音楽教育を受ける。大学2年在学中から片桐和子、山口英治にヴォーカルを師事し、本格的に歌のレッスンを始める。大学卒業後、東京ディズニーランドのスモールワールド・ステージ「キッズ・オブ・ザ・キングダム」(1983年4月15日〜不明)のプリンス役でデビュー。その後、アメリカ遊学等を経て仕事の中心をステージに移し、歌手、レコーディングアーティスト、スタジオヴォーカリストとして音楽活動を開始する。

これまでにソロヴォーカル・コーラス・CMソングを含め10000曲以上のレコーディングセッションに参加。ヴォーカリストとしての活動のみならず、俳優としてもミュージカルやストレートプレイの舞台を中心に100タイトル以上の作品に出演し、声優やラジオのパーソナリティも務める。また、自身でも脚本を書き、演出、プロデュースもこなしている。

東映の3大特撮シリーズであるスーパー戦隊シリーズ、仮面ライダーシリーズ、メタルヒーローシリーズの全てで主題歌を歌った数少ない歌手でもある(他には串田アキラ、宮内タカユキ、水木一郎がいる)。さらに、ウルトラシリーズも入れると、アニメ主題歌ではあるものの、ささきいさお、影山ヒロノブとともに、スーパー戦隊シリーズ、仮面ライダーシリーズ、メタルヒーローシリーズ、ウルトラシリーズの主題歌を歌った歌手でもある。

1996年には梶原聡と「Wild、Sexy、Cool」をコンセプトにしたユニット「b・m・b(a boy meets a boy)」を結成。

風雅なおとと親交が深く、彼からは「息子さん」と呼ばれている。

ライブは派手な衣装で行うことが多く、水木一郎等に「ゴージャス石原」と呼ばれることもある。

karaoke@damで矢沢永吉や桑田佳祐、鈴木雅之などのカラオケのガイドボーカルもやっている。また、石原大輔名義で音多カラオケ、Shinichi Ishihara名義でトランス楽曲を歌っている。

日本ナレーション演技研究所に通っていたことがあり、林原めぐみとは同期である。

ウルトラマンUSAの主題歌「時の中を走りぬけて」のオーディションに合格し、プロデューサーが同じだった「重甲ビーファイター」の主題歌・挿入歌を歌うことになった。松原剛志も参加していたオーディションで歌うことが決まった「仮面ライダーアギト」の主題歌「仮面ライダーAGITO」の収録は2000年12月27日(水)に東京・市ヶ谷にある一口坂スタジオの第3スタジオで行われたが、作詞の藤林聖子が「こんなに早く終わった収録はない」と驚くほどスムーズに収録は終わったという。「百獣戦隊ガオレンジャー」OP主題歌の仮歌を担当した(「仮面ライダーアギト」が先に決まったため、仮歌のみとなった)。

好きな言葉は「Be positive!!」で、「positive」という言葉は自身のセカンド・アルバムにも使われている。

主な出演作品

テレビアニメ

  • 赤ずきんチャチャ(バリキマッス・ルー)
  • グラビテーション(アーク)
  • ななみちゃん(スティーブ・ソンダーソン)
  • ビックリマン2000(刺客花瓶)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。