お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

朝倉摂



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

朝倉 摂(あさくら せつ、1922年7月16日 - 2014年3月27日)は、日本の舞台美術家・画家。本名・冨沢摂。the companyのアソシエイツメンバー。

人物

東京府東京市下谷区谷中(現在の東京都台東区)に生まれる。父は彫刻家の朝倉文夫。妹は彫刻家の朝倉響子。娘は文学座所属の女優の富沢亜古。声優の大塚周夫は従弟にあたる。

画家の伊東深水に師事し、初めは日本画を学ぶ。1941年、第4回新文展に「小憩」が初入選となるが、翌年より福田豊四郎や吉岡堅二らによる在野の新美術人協会に参加、その流れから戦後は創造美術に参加。

1970年、アメリカ合衆国のニューヨークのロックフェラー財団で舞台美術を学ぶ。小説や絵本の挿絵も手がけ、1972年、講談社出版文化賞絵本賞を受賞。

この間、多数の舞台美術を手がける。主なものとしては、蜷川幸雄演出秋元松代作「近松心中物語」、市川猿之助演出梅原猛作「ヤマトタケル」、蜷川幸雄演出唐十郎作「下町万年町物語」など。

2009年、BankART Studio NYK(横浜市中区)で「朝倉摂ワークショップ&展覧会 2009 AUTUMN」が開催された(主催:文化庁、神奈川県文化芸術振興会プラン推進事業共実行委員会、マザーポート・アート・フェスティバル実行委員会、企画:GALERIE PARIS、期間:10/4-10/18)。

2010年、BankART Studio NYK(横浜市中区)で大規模な個展「朝倉摂展 アバンギャルド少女」が開催された(主催:BankART1929、共催:横浜市APEC・創造都市事業本部、期間:9/10-11/7)。

2014年3月27日、くも膜下出血のため、東京都稲城市の病院にて死去。91歳没。

2015年7月、GALERIE PARIS(横浜市中区)で没後はじめての回顧展「Setsu Asakura,1950s」で舞台美術家に転向する以前の日本画家時代の作品が公開された(主催:GALERIE PARIS)。

2016年9月、台東区立朝倉彫塑館(東京都台東区)で、初めての父娘三人展「朝倉文夫 摂 響子 三人展」が開催された(主催:公益財団法人台東区芸術文化財団、期間:9/17-12/11)。

受賞歴

  • 1950年:サロン・ド・プランタン賞
  • 1953年:上村松園賞
  • 1972年:講談社出版文化賞絵本賞
  • 1980年:テアトロ演劇賞
  • 1982年:日本アカデミー賞優秀美術賞(『悪霊島』)
  • 1986年:芸術祭賞(『にごり江』)

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(前売):10,800円
(税込)
2017年11月4日 (土) 〜
2017年11月12日 (日)
芹ヶ谷スタジオ
8月26日(土) 昼12:00〜 一般販売開始予定