お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

割引公演チケット販売店舗 Tickets Today[チケッツトゥデイ]

TERU



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia


TERU(テル、1971年6月8日 - )は、日本のロック (音楽)|ロックバンド (音楽)#ロックバンド|バンド・GLAYのボーカリスト。本名、小橋 照彦(こばし てるひこ)。愛称は、テッコ。
北海道函館市出身。北海道函館商業高等学校卒業。身長169cm。妻はPUFFYの大貫亜美。

経歴

高校時代
1987年
夏頃、小・中学校と一緒である同じサッカー部の先輩に「ちょっとドラムセット|ドラムをやってみないか?」と勧誘され、聖飢魔IIのコピーバンドに加入。ドラムを担当し、文化祭で披露した。しかし、加入当初TERUの家にはドラムセットなどなく、親戚の叔母が営むスナックバー (飲食店)|スナック(TERUがよく手伝って料理をしていた)の椅子などを使って練習していたという。後に、購入。本格的にドラムに熱中していく。TAKUROと共にGLAYの活動を始めた頃には、TERUの部屋は防音処置が施されていたとTAKUROは語っている。
1988年
3月、小・中学校の同級生であるTAKUROに誘われ、GLAYを結成。当初はドラマーとしての加入であった。しかし、TAKUROがTERUの家にまだ歌の入っていないデモテープを置き忘れ、歌があったほうが何かとやりやすいだろうと考えたTERUが歌を入れてみたところ、それを聴いたTAKUROが「神がかった声」と感じて腰を抜かした。TAKUROが人生において腰を抜かすほど驚いたのは、この時以外にはBO?WYの「B・BLUE」を初めて聴いた時だけだという。これがボーカリストへ転向するきっかけとなり、新しいドラマーが見つかるまでマイクを天井からぶら下げてドラムを叩きながら歌っていた。しかし、TERU本人はTAKUROが受けた衝撃をあまり理解出来ていなかったらしく、先輩を新しいボーカルとして連れて来て自分はドラマーに戻ろうとしたが、TAKUROにより却下されボーカルに戻されたというエピソードがある。また、TAKUROは「TERUは自分がボーカルではなく、ドラマーでありたかった」と語っている。同年7月には、GLAYとしての初ライブを行う。
1989年
同じ学校の同学年の友達と「花とゆめ」と言うバンドを結成。GLAYがライヴハウス等での活動がメインだったのに対して、こちらは主に学校内でのイベントや文化祭でのライブが中心の所謂「学園祭バンド」だった。TERUが、姉の結婚式でTAKUROと「ずっと2人で…」の原曲を演奏・披露したのも、この頃の話である。

上京〜インディーズ時代
1990年〜1993年
*高校卒業と同時にGLAYの成功を夢見て上京。赤羽の凸版印刷に勤めるかたわらバンド活動を続けていたが、両立出来ず、試用期間明けで辞めてしまった。以降、居所を埼玉県所沢市や飯能市等に移し、その後は様々な仕事をしながら、バンド活動を行う。

メジャーデビュー以降
1994年
* 5月25日 - GLAYのボーカリストとしてシングル「RAIN (GLAYの曲)|RAIN」でメジャーデビュー。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由(前売):4,000円(税込)
2016年11月1日 (火)
渋谷ラ・ママ