お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ファンケル



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

株式会社ファンケル(英: FANCL Corporation)は、神奈川県横浜市中区に本社を置く化粧品・健康食品のメーカーである。

概要

三重県出身の池森賢二が、産能短期大学中退後、ガス会社勤務などを経て、1980年に創業。1981年株式会社化した。2003年会長、2005年に名誉会長となり第一線から退いたが、業績の悪化を受け2013年1月に執行役員として経営に復帰し、4月から会長復帰。

会社設立のきっかけは、池森の兄が経営するクリーニング店の手伝いをしていたことに始まる。ある日、団地の集配達の仕事で依頼主の家庭を訪ねた際、その家の主婦が化粧品の肌荒れがひどいとの相談を受けた。池森の妻もその主婦と同じ肌荒れに悩んでいた。1970年代後半に化粧品による肌のトラブルが日本各地で相次ぎ、その報道に着目した池森は大手化粧品メーカーの経営者からの意見を聞き、化粧品公害の原因が防腐剤や殺菌剤であることを知る。そこで、池森は知人の化粧品技術者と共同で防腐剤・殺菌剤や香料などを使わない無添加化粧品の製造に着手する。当初は訪問販売形式だったが、なかなか反応が出なかった。こうしたことから、池森は無添加化粧品を多くの人たちに知らせるため、自作のチラシ800枚を製作して自宅近くのアパートや団地に一軒ずつ配布した。その結果、電話での問い合わせが殺到して無添加化粧品は間違ってなかったと確信し、ファンケルの設立と相成った。

鮮度を表す製造年月日の表示や、5ミリリットル入りの使いきりミニボトル(通称:バイアス瓶)を開発するなど、化粧品業界初の試みも池森のアイデアによるものである。

社名の「ファンケル」の由来は「ファイン・ケミカル」(日本語で『混じりけのない化学製品』)を簡略したもの。また「不安を蹴る=ファンケル」という説もある。

関連会社として、同じく化粧品、健康商品等を扱うアテニアがある。

沿革

  • 1980年(昭和55年)4月 - ファンケル化粧品として創業。
  • 1981年(昭和56年)8月 - 株式会社ファンケルを設立。
  • 1998年(平成10年)11月 - 株式を店頭公開。
  • 1999年(平成11年)12月 - 東京証券取引所市場第一部上場。

ラインナップ

  • 化粧品 - 1980年(昭和55年)の創業以来、無添加にこだわりつづけている。
    • 無添加モイスチャライジングライン
    • 無添加エイジングケアライン
    • 無添加ホワイトニングライン
    • 無添加アクネケアライン

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(一般):3,800円(税込)
2017年11月21日 (火)
日経ホール

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
12名限定!一般3,800円(全席指定・税込) → 3,000円 さらに200Pゲット!
2017年11月21日 (火)
日経ホール

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(一般):3,800円
(税込)
2017年12月12日 (火)
日経ホール

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
12名限定!一般3,800円(全席指定・税込) → 2,900円さらに200Pゲット!
2017年12月12日 (火)
日経ホール
2018年1月9日 (火)
日経ホール
2018年2月19日 (月)
日経ホール

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定(一般):3,800円
(税込)
2018年3月5日 (月)
日経ホール