お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

奥田健介



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ノーナ・リーヴス(英語表記:NONA REEVES)は、1995年に結成された日本のポップ・ロックバンド (音楽)|バンド。所属芸能事務所はココモ・ブラザーズ、所属レコード会社はBillboard Records。メンバー全員が既婚者である。

略歴
*1995年5月9日、西寺郷太が最初のノーナ・リーヴス名義の曲「自由の小鳥 / BIRD SONG」のデモテープを作成。この時期はまだ彼のソロ・プロジェクトであった。
*1996年2月、下北沢CLUB QUEにて奥田健介が加入し初ライブ。ここに正式なバンドとしての5人編成の初期ノーナ・リーヴスが完成した。
*1996年12月13日、UNDER FLOWER RECORDS内レーベルのGiant-Robotからファースト・アルバム『SIDECAR』をリリース。
*1997年夏、セカンド・アルバム『QUICKLY』の発表と同時に、ギタリストの師岡忍と、ベーシストの小山晃一が脱退。以後、西寺郷太、奥田健介、小松シゲルの3人編成となる。
*1997年11月25日、ワーナーミュージック・ジャパンから『ゴルフ EP』でメジャー・デビュー。ほぼ同時に、全国各地のFM, AM局でレギュラー番組がはじまる。
*2006年には、バンドの初リリースから10周年を記念し、日本を代表する選曲家橋本徹による『free soul of NONA REEVES』が発売された。橋本が手がける名門コンピレーション『free soul』シリーズ中、日本人バンドのアルバム企画としては初の試みである。
*2011年6月8日、Billboard Japanが立ち上げたレコード・レーベルBillboard Recordsからカバーシリーズ“Choice”の第1弾となる『"CHOICE" by NONA REEVES』をリリースした。同時に、しばらく事実上の廃盤となっていたワーナー・ミュージック時代のアルバム群、それ以降のレーベル(コロムビア/徳間)での作品群を復刻させる「ノーナ・リーヴス、メジャー・デビュー15周年アニヴァーサリー企画 "NONA3X15(ノーナ最高!)"プロジェクト」第1弾として『WARNER MUSIC YEARS/THE BEST OF NONA REEVES 1997-2001』もリリースした。
*ドイツ、フランス、イギリス、スペインなどヨーロッパ諸国、韓国、アメリカ合衆国、及び南米諸国で作品が正式にリリースされている。

バンド名の由来
「ノーナ」は敬愛するマーヴィン・ゲイの娘ノーナ・ゲイから、「リーヴス」はモータウン伝説のシンガー、マーサ&ザ・ヴァンデラス|マーサ・リーヴスからそれぞれ名をもらい架空の人格として生み出した女性の名前がバンド名の由来となっている。
ちなみにNONAとはラテン語で「9」の意味も持つ。9は、西洋、東洋ともに歴史的に「最高」の象徴とされる数字だという。

メンバー
西寺郷太(にしでら ごうた、1973年11月27日 - ) 東京都生まれ、京都府育ち。ABO式血液型|血液型B型。早稲田大学文学部|第二文学部を卒業。ボーカル担当。ノーナ・リーヴスのメイン・ソングライター。既婚者。 通称「郷玉(ゴウタマ)」「西寺兄貴」「NSDR」。 父方の実家は寺。名前の由来は釈迦|ゴータマ・シッダールタから。 日本を代表するマイケル・ジャクソン・マニアとして、各種メディアでの執筆、発言を重ねている。 詳細は本人項を参照。
奥田健介(おくだ けんすけ、1974年4月27日 - ) 福岡県生まれ、滋賀県大津市育ち。血液型B型。早稲田大学商学部を卒業。ギター、キーボード (楽器)|キーボード担当。既婚者。 通称「オッケン」。 アレンジャー、プレイヤーとして堂島孝平、みうらじゅん、土岐麻子、ナイス橋本、m-flo、空気公団、スネオヘアー、CHEMISTRY、野宮真貴、レキシなど多数のセッション、ライヴ、テレビ出演に参加。作曲家としても、土岐麻子、坂本真綾、南波志帆ほかに作品を提供。 影響を受けたアーティストは、ローリング・ストーンズ、ビーチ・ボーイズ、フランク・ザッパ、ジミ・ヘンドリックス、ザ・クラッシュ、スペシャルズ、マーティン・デニー、細野晴臣など。 小松シゲル(こまつ - 、1972年10月23日 - ) 長野県飯山市出身。血液型O型。早稲田大学社会科学部を卒業。ドラムセット|ドラム担当。既婚者。 通称「コマボー」。 堂島孝平、キリンジ、佐野元春、Mellowhead、BONNIE PINK、大沢誉志幸、遊佐未森、河口恭吾、いきものがかり、土岐麻子、KinKi Kids、CHEMISTRY、YUKI (歌手)|YUKI、YO-KING、中田裕二、南波志帆、レキシなど、数多くのバンド、ミュージシャンのレコーディング及びライヴ、テレビ出演でのサポート・ドラマーとして活躍している。 身長180cmで、メンバーの中では一番背が高い。 スポーツ万能で、学生時代熱中していた剣道では長野県警に誘われるほどの腕前であった。 特技は大食い。 影響を受けたアーティストは、スティーリー・ダン、ジェイムス・ブラウン、マイルス・デイヴィス、カーティス・メイフィールド、スティーヴィー・ワンダー、イアン・デューリー、松任谷由実|荒井由実など。
元メンバー
師岡忍(もろおか しのぶ、1975年 - ) 1997年脱退。 ギタリストで作曲も手掛けた。 小山晃一(おやま こういち、1973年 - ) 1997年脱退。 ベーシスト。 ともに結成時からのメンバーだったが、インディーズ2枚目のアルバム「QUICKLY」発表後に脱退。小山はセッションベーシストとして現在も活動中。

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
オールスタンディング:5,500円(税込)
※ドリンク代別、クリスマスプレゼント付き
2016年12月18日 (日)
渋谷CLUB
QUATTRO

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
オールスタンディング:4,860円 ※ドリンク代別
(整理番号付き/税込)
2017年2月18日 (土)
LIQUIDROOM