お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

堀川りょう



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

堀川 りょう(ほりかわ りょう、本名:堀川 亮(ほりかわ まこと)、1958年2月1日<ref></ref> - )は、日本の声優、俳優、ナレーター。アズリードカンパニー(代表取締役)所属。大阪府出身。以前、青二プロダクションに所属していた頃、堀川 亮(ほりかわ りょう)の名で活動していたが、2001年4月3日に現在の名前に改名した。インターナショナル・メディア学院学院長。日本芸術専門学校特別講師。

人物紹介

特色
温厚な好青年から冷徹な悪役やライバル役まで、二枚目から三枚目問わず、幅広い役柄を演じる。動画と脚本をチェックしている際、ニュアンスなどを変えたほうが良いと判断した部分をリハーサルで変更するケースが多く、自分をリラックスさせる意味もあるという。

経歴
小学校低学年から子役として活動。京都の太秦などで、多数の作品に出演していた。劇団四季にも所属していた時期がある。1984年『ウイングマン|夢戦士ウイングマン』の主人公・広野健太役で声優デビュー。
デビュー以来少なからず線の細い中性的な役柄が続いたが、『ドラゴンボールZ』のベジータを転機に、『まじかる☆タルるートくん』の原子力、『YAIBA|剣勇伝説YAIBA』の鬼丸猛、『名探偵コナン (アニメ)|名探偵コナン』の服部平次など、主人公のライバルを演じる機会も多くなった。
青二プロダクションで活動後、アーク・ライツを経て、現在の事務所に所属しその代表取締役となった。現在は声優養成所インターナショナル・メディア学院の学院長も務めている。
獨協大学を中退している。特技は水泳、野球、英会話(実用英語技能検定準1級所持)。妻は同じく声優の及川ひとみ。

エピソード
『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』は思い出深い作品で、いまも語り継がれる機動戦士ガンダム|ガンダム史に名前を刻めたことを、誇りに思っているという。『0083』で担当した役のコウ・ウラキについては、ひよっこから一人前の戦士へと成長する姿が印象的と語っている。
『GS美神 極楽大作戦!!|GS美神』の横島忠夫役は、一時期シリアスなキャラクターが続き、アドリブを言えずにフラストレーションが溜まっていたところへオファーが舞い込んで来たものだった。丁度ギャグ物をやりたいと思っていた堀川は、番組プロデューサー関弘美の「この役は君にしかできない」という言葉にも応える形で、喜んで引き受けたという。久々に「気分の赴くままに思いきり」な演技が可能なキャラクターを担当した堀川は、アドリブの多さにおいて堀川以上の認知度を誇る共演者の千葉繁と共にアドリブを連発していた。また、主役の美神令子役の鶴ひろみは「2人のすぐ後だと吹き出して台詞を言えないことがあった」と語っている。また、原作者である椎名高志の結婚式の際、堀川は鶴と共に司会を担当した。
『名探偵コナン』では主人公・江戸川コナンのライバルである服部平次を演じており、堀川自身は思い入れのあるキャラクターとして今後の活躍を期待している。なお、『コナン』への初出演は1996年2月12日放送の「バレンタイン殺人事件」であり、堀川は本エピソードで被害者の大学生・皆川克彦を演じていた。

アルコールについて
25 - 26歳頃までは下戸だったが、その後酒|上戸となり、特に焼酎を好む。健康にも気を遣っているが、これは「末永く酒類を楽しめるように」との思いからだという。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。