お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

橋爪功



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

橋爪 功(はしづめ いさお、1941年9月17日 - )は日本の俳優。演劇集団 円代表、円企画所属。身長168cm、体重63kg。O型。

経歴

生い立ち

大阪・東住吉区に生まれた。路地奥の上下に二間、内風呂と小さな庭のある借家で育つ。父は和歌山県の海南出身。母は愛人であり、父には本妻が別にいた。11才上の兄はいったん母親の兄の籍に入った後、父の籍に入ったので、当初は功が母の戸籍上では長男となっていた。

学生時代

中学2年で父親を亡くす。父の本妻は病弱だったため、父の死後まもなく亡くなった。 天王寺高校1年の2学期、東京に転居して青山高校に転校した。

俳優として

1961年、文学座附属演劇研究所の1期生に応募し合格。同期には岸田森、草野大悟、寺田農、樹木希林、小川眞由美、北村総一朗がいた。1963年、文学座を離れ劇団雲に参加する。1974年、尊敬する芥川比呂志演出の舞台『スカパンの悪だくみ』で大阪弁でスカパンを演じ、この仕事が俳優としての転機となり一躍演劇界のスターとなる。

1975年、芥川、仲谷昇、岸田今日子、有川博らとともに、演劇集団 円の創立に参加。以降も所属する円を中心に、舞台活動を続けている。2006年、前代表の仲谷昇の死後、円の代表となる。野田秀樹との二人芝居『し』や、椎名桔平と共演の『レインマン』など、外部出演も多い。

2010年1月に放送されたFMシアター『かわり目〜父と娘の15年〜』(NHK大阪放送局製作)では、放送文化基金賞演技賞受賞。

2011年、第46回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。

テレビドラマでは、連続・2時間モノ問わずにコンスタントに出演し、しかも主役から脇役まで幅広く演じ分けて個性を発揮(若い頃は脇役専門で、1970年代から1980年代には悪役として活動)。主役を演じるようになったのは50代に入ってからだが、『京都迷宮案内』など当たり役も多い。

コミカルからシリアスまで、幅広く演じることのできる、貴重なバイプレーヤーである。

海外ドラマの吹き替えや、中学校国語科教科書音声教材CD(光村図書版)での魯迅『故郷』の朗読などもこなしている。

受賞歴

  • 第13回日本アカデミー賞優秀助演男優賞 - 映画「キッチン」、「ジュリエット・ゲーム」、「善人の条件」
  • 第15回日本アカデミー賞優秀助演男優賞 - 映画「おいしい結婚」
  • 第20回日本アカデミー賞優秀主演男優賞 - 映画「お日柄もよくご愁傷さま」

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:8,800円(税込)
2017年9月14日 (木) 〜
2017年9月24日 (日)
世田谷パブリックシアター
販売終了