お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

愛甲猛



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

愛甲 猛(あいこう たけし、1962年8月15日 - )は、神奈川県出身の元プロ野球選手(内野手、外野手、投手)・俳優・実業家・野球評論家。

選手時代はロッテ、中日に在籍。ロッテでは主に主軸を打ち、中日では代打の切り札として活躍した。連続フルイニング出場のパ・リーグ記録保持者(歴代5位)。

経歴

小学校のころに野球を始める。体が成長し始めた中学時代は身体能力の高さからバレーボールやバスケット、水泳などにも誘われるほどだった。 , 横浜高校では1年生から左のエースとなり、1978年の第60回全国高等学校野球選手権大会に出場。途中、1年生の時に副キャプテンの安西という人物と一緒になって1ヶ月に渡って野球部の合宿所を脱走して不良仲間の家を転々としていたが、警察に保護されて当時監督を務めていた渡辺元が身元を引き受ける形で野球部に戻った。エースで3番打者を務めた3年時の1980年の第62回全国高等学校野球選手権大会では決勝戦でアイドル的な人気を得ていた早稲田実業のエース・荒木大輔に投げ勝ち優勝。

本人は地元である横浜大洋ホエールズか西武ライオンズへの入団を希望していたが、同年のドラフト会議でロッテオリオンズから1位指名を受ける。もし大洋から指名されなかった場合は社会人のプリンスホテル硬式野球部を経由して西武に入団するという密約を西武と結んでいたため、ドラフト後の記者会見で「ロッテにはいきたくありません」と発言してしまい、露骨に嫌な表情を浮かべた写真や映像が知られることなった。しかし、他の指名選手に遅れて入団。入団発表での記者会見で「野球をやめたら吊るしの洋服屋がやりたい」というコメントを残す。入団後は高橋博士のものだった背番号1を与えられた(高橋は背番号を15に変更)。また愛甲を目当てに多くのファン、とりわけ女性(後述)がキャンプや試合に訪れた。

プロでは投手としてスタートするが、1勝もできず伸び悩む。4年目の1984年からは野手へ転向。チームの主砲落合博満に弟子入りして打撃技術向上に取り組む。落合に受けた自主トレはスパルタ教育そのもので、余りの厳しさに愛甲がつい「これでも甲子園優勝投手ですよ」とこぼすと、落合は「そんなに甲子園がいいなら甲子園に帰ればいい」と一喝。愛甲はこれでプライドを捨てる事ができたという。落合は厳しい指導の反面、愛甲を可愛がり、行動を共にすることが多かった。打者転向に一番大きな役割を果たしてくれたと愛甲は自著『球界の野良犬』で語っている。またこの自著によると、当時のロッテは落合派と有藤派に分かれているとされ、打者として頭角をあらわして以降の愛甲は落合派の代表とみなされたが、「お互い一匹狼のオチさんと自分が派閥なんてつくるはずはなかった」と反論している。

野手転向3年目の1986年から一塁手としてレギュラーに定着。強肩を買われ外野手を務めることもあった。1988年にはチームの主軸として初の二桁本塁打を記録。10.19のダブルヘッダー第1試合では初回に小野和義から先制2ランを放った。1989年には打率3割を記録し、ゴールデングラブ賞も獲得。1988年6月25日から1992年7月11日にかけて535試合連続フルイニング出場を続け、パ・リーグ記録(セ・リーグも含めると歴代5位)となっている。なお、連続フルイニング出場が途切れたのは、1992年7月11日に5打席5三振(1試合の三振日本タイ記録)の上に、決勝点の要因となる悪送球を犯して翌日はスタメン落ちしたためである。それでも、1987年10月20日から続けている連続試合出場は継続し、1993年6月6日まで694試合連続出場(当時パ・リーグ歴代5位)を記録した。なお、愛甲の自著によると、連続試合出場が途切れたのは当時の八木沢荘六監督が起用を忘れていたためであるといい、その振る舞いに失望した旨が記されている。

1995年、不調に陥りチーム構想を外れ、シーズンオフに無償トレードで中日ドラゴンズへ移籍。中日では主に代打の切り札として活躍。

1999年には代打起用ながら打率.387と勝負強さを見せ、リーグ優勝に貢献。9月30日、マジック1で迎えた神宮球場の対ヤクルト戦で、彼が代打で打席に立っている時に2位巨人が敗れて優勝が決まり、スタンドが大きくどよめいたが、直後に見事一二塁間を抜くヒットを放った。翌2000年限りで現役を引退。

その後、飲食店経営やサラリーマンなど職を転々とする。タレント時代には映画(Vシネマ)に端役として出演。一時期はプロ野球マスターズリーグにも参加した。

2002年には失踪騒動が起こる。様々な憶測を呼んだが、本人は「3日ほど温泉に行っていただけ」と語っており、タレントとして契約していた芸能プロダクションとのトラブルにより、失踪という報道が出てしまったのが原因と主張した。

2006年からは独立して東京都の錦糸町で化粧品・サプリメントの企画会社を経営、現在に至る。

2008年からは雑誌「スコラ」で、野球コラムを連載していた。

2014年、連載を持つ雑誌「BUBKA」にて、左人差し指に血行障害を患っていたことが発覚。早期発見のため大事には至らず、現在は完治した。

現在は、ニコニコ生放送において高校野球及びプロ野球の解説を行う他、歯に衣着せぬ辛口の評論家として活躍している。

人物

高校時代は彫りの深い端正な顔立ちと野球の実力を兼ね備えたことから、特に女性の間で絶大な人気と知名度を誇った「甲子園のアイドル」だった一方、悪童としても知られた。 中学時代から不良の道にも精を出し始め、タバコ、女、シンナー、万引き、暴走族など、悪いと言われる事は全てやったという。愛甲に限らず不良は当時の愛甲の周囲において極めて多かったようであり、愛甲が中学1年生の頃、1学年で万引きをした生徒が170人も明らかになったと本人が語っている。横浜高校へは授業料免除の特待生で、寮生活の野球漬けのはずが、高校2年まではタバコ、女、シンナーをやっていた。しかし、3年の時に本気で甲子園での優勝を目指してタバコ以外は断った。高校時代のあだ名は「あんぱん」であったという。高校卒業間際には暴行事件が発覚。愛甲はチームメイトや関係者らに謝罪したが、横浜高校はこの一件が原因で対外試合禁止処分を受け、春の大会に出場できなかった。甲子園優勝投手の暴行事件として反響を呼んだ。

愛甲が高校生だった頃の横浜高校は後の愛甲本人の証言によると偏差値が30代前半と推測されるほど勉強には力が入っていない高校であったようであり、愛甲自身も「名前をきちんと書いただけでテストで5点が加算された」と自身の体験談を語っている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。