.......... ウルトラマンエックス | Confetti [チケット情報満載]

お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

ウルトラマンエックス



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia


『ウルトラマンX』(ウルトラマンエックス)は、円谷プロダクションが制作する特撮テレビ番組一覧|特撮テレビドラマの作品名およびその劇中に登場する主人公が変身した巨大変身 (ヒーロー)|変身ヒーローの名前である。
キャッチコピーは「新たな物語が起動する」。
2015年7月14日から12月22日まで、『ウルトラマン列伝|新ウルトラマン列伝』(テレビ東京系)内において全22話が放送された。

概要
『ウルトラマン列伝』及び『新ウルトラマン列伝』内での番組内作品第6弾となる本作は、「つながる力」をテーマにサイバー感を前面に押し出したヒーロー・ウルトラマンエックスと特殊防衛チーム・Xio(ジオ)の活躍を描くコミュニケーションストーリーとして制作されている。また、本作の直前まで展開された『ウルトラマンギンガ』シリーズ<ref group="注" name="ginga">本項では『ギンガ』や『ウルトラマンギンガS』、『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!#ウルトラファイトビクトリー|ウルトラファイトビクトリー』及びそれに準ずる劇場作品を指す。</ref>で確立されたスパークドールズを引き続き活用した作品となっているが、設定は異なる。
スタッフ面では『ウルトラマンギンガS』(2014年)の主要スタッフを中心に、映画『THE NEXT GENERATION -パトレイバー-』の辻本貴則や『ギンガ』のアベユーイチ<ref Group="注" Name="abe">第20話のみ旧名義の阿部雄一を使用。</ref>、劇作家の柳井祥緒に加えて『明日の記憶#映画|明日の記憶』の三浦有為子などが参加。キャストは本作が初出演となる若手俳優が多く選ばれている。
放送中に休止期間が存在していた前2作品と異なり、本作は休止期間なしで放送された。
製作発表会見は2015年6月18日に東京国際展示場|東京ビッグサイトで行われ、監督の田口清隆に加えてキャスト陣や主題歌の作詞を手掛けたおちまさとが登壇した。

特徴
それまでのウルトラマンは、ほとんどが自ら人間に変身しているか人間と一体化していた。だが、本作ではエックスは変身アイテム・エクスデバイザーに宿っており、主人公・大空大地とのバディ関係が描かれている。
Xioの描写も田口のこだわりで「プロの防衛隊らしさ」が追求されている。また、隊員たちの日常性も重視され、劇中での描写の有無に関係なく細かい部分まで設定が用意されており、存在に奥行きを出すことも意図されている。
撮影開始前には元自衛官を招き、出演者たちに銃器の扱いや敬礼などの講義が行われた。一方で、『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』シリーズ(2007年 - 2011年)以来登場の途絶えていた航空機や、シリーズ初となる貨物自動車|トラック型車両の登場なども宣伝されている。
その他の設定や世界観についても、田口の意向で説得力のあるハードSFを目指している。スパークドールズやファントン星人グルマンなどの登場は田口の参加前に決定していたが、これらも設定の理由付けや造形のリアリティなどが追求されている。その一方、田口は設定による自縄自縛にならないよう各話監督へ無理強いしないことも掲げていた。
近年の作品では怪獣が同時に複数登場することが多く、田口は1匹ごとの印象が薄くなっているのではないかという考えにより、本作では各話のメインとなる怪獣の魅力を引き出すことを目指している。田口や脚本の小林弘利は生物として怪獣を描くことを意識しており、「怪獣との共存」をテーマにしつつも、同じテーマを描いた『ウルトラマンガイア』や『ウルトラマンコスモス』と異なり、怪獣本来の生息地を尊重しつつ人間に危害を加えたら殺処分も行うという現実の自然保護区や猛獣対策に近いものとしている。
撮影では、『ウルトラマンギンガS』に続きフィルムに近い映像が撮影できるレッド・デジタル・シネマカメラ・カンパニー|REDを使用している。
本作は平成ウルトラヒーローが多く客演するのも特徴である。歴代ウルトラヒーローを紹介する『新ウルトラマン列伝』枠で放送するならば、その活躍をちりばめたいという考えによるもので、あえて平成ウルトラヒーローを客演させることで若い世代のファンも楽しめる作品を目指している。客演ヒーローは、前作からのギンガとビクトリー、『列伝』シリーズと縁が深いゼロ、他作品への客演が少ないマックスとネクサスにすることが企画当初から決まっていた。
本作品の企画成立前に新ウルトラマンの企画募集があり、このうち小林雄次が提出した『ウルトラマンゴールド』は本作品第6話・第7話に転用された。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
先着限定!1階席:4,200円 → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)
2017年1月28日 (土) 〜
2017年1月29日 (日)
AiiA
2.5
Theater
Tokyo