お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケット買うなら今しかない!カンフェティポイント2.5倍⇒5倍キャンペーン!

初風緑



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

初風 緑(はつかぜ みどり、1967年11月8日 - )は元宝塚歌劇団専科の男役スター、女優。東京都出身。

芸名は叔母(宝塚歌劇団卒業生・美濃ゆたか)の友人にあたる元月組主演娘役初風諄に由来する。愛称はガイチ(本姓の短縮から)。

所属事務所は、ACT JPエンターテイメント(業務提携、元梅田芸術劇場所属)。

略歴

幼少のころ、一時期バレエを習っていたことがある。

宝塚歌劇との出会いは1985年。「波瀾爆笑!?我が人生」の取材に対し、「友人に誘われて同じ高校の卒業生・真琴つばさの初舞台作品『愛あれば命は永遠に』を観劇したことがきっかけだった」と告白している。

1988年、宝塚歌劇団入団。『キス・ミー・ケイト』で初舞台。74期生。同期に和央ようか・麻乃佳世・森奈みはる・白城あやか・渚あきらがいた。同年、花組に配属。当時の花組は真琴をはじめ後に宝塚歌劇団各組でトップとなる男役が数多く在籍していた。その中で新人時代を過ごしたことが初風の成長に大きな影響を与えたとする評価がある。

1994年、『ブラック・ジャック 危険な賭け』の新人公演で初主演を果たす。

1997年、『失われた楽園/サザンクロス・レビュー』の公演中に舞台装置の故障による事故で重傷を負い、休演を余儀なくされる。次の公演で復帰し、バウホール公演『君に恋してラビリンス』ではバウホール公演初主演を果たす。

同年、月組に組替え。3番手を務める。

2000年、新専科制度発足に伴い専科へ異動。2001年より専科生として各組に特別出演する。

2002年、リサイタル形式の公演『愛・舞・魅 (あい・マイ・Me)』にて主演。2003年には、TAKARAZUKA SKY STAGE開局1周年記念コンサート『Carmine -カーマイン-』に主演する。

2005年、宙組公演『炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ』の東京公演千秋楽で退団。同公演のパレードではエトワールを勤めた。

2006年3月から女優として活動を開始。同年11月には、宝塚歌劇団を目指す少女やミュージカル女優志望者のためのスタジオを開校。講師として指導にあたっている。

2007年2月、CS放送宝塚専門チャンネルTAKARAZUKA SKY STAGEでストレッチのトレーニング番組『NobiNobiストレッチ』が放送開始。インストラクターとして出演している。『出逢いGA1番』等のレギュラーコーナーも担当していた。

2016年、ACT JPエンターテイメントと業務提携開始。

宝塚歌劇団時代の主な舞台

花組時代


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。